ニュース

『インクレディブル・ファミリー』吹替版声優は綾瀬はるか、黒木瞳ら続投

左上から時計回りに三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、ヴァイオレット、ヘレン、ボブ ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
左上から時計回りに三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、ヴァイオレット、ヘレン、ボブ ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

8月1日から公開されるピクサーアニメーションスタジオの新作映画『インクレディブル・ファミリー』の日本語吹き替え版声優が発表された。

同スタジオの第20作目となる『インクレディブル・ファミリー』は、かつてヒーローとして活躍した家族が廃業に追い込まれるが、再び奮起してヒーローとしての仕事と家族の絆を取り戻す様を描いた『Mr.インクレディブル』の続編。悪と戦う「フツー」の生活を送っているインクレディブル一家の日常や、母・ヘレンがあることをきっかけにイラスティガールとしてヒーロー活動をすることになる様子、父・ボブがヘレンの代わりに家事を任されている様などが描かれる。

日本語吹き替え版声優は、前作『Mr.インクレディブル』に引き続き、三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、高田延彦が続投。三浦はボブ役、黒木はヘレン役、綾瀬はボブとヘレンの長女ヴァイオレット役、高田は悪役アンダーマイナー役をそれぞれ演じる。

三浦は「今回は、赤ちゃんのジャック・ジャックのお世話などMr.インクレディブルが家事や育児に奮闘するようなので、イクメンヒーローとして頑張りたいと思っています!」、黒木は「前作は夫を支える妻でしたが、新作では私が演じるイラスティガールが家族の代表としてヒーローとして活躍するようなので、楽しみです!」とコメント。

また綾瀬は「続編のお話を頂いてワッ見たいって思いました。多くのお客様に愛された作品に再び参加できることを嬉しく思っています。ヴァイオレット役、頑張ります!」、高田は「再び、ファミリーと戦うアンダーマイナー役ができると聞いて、大変嬉しく思います。『インクレディブル・ファミリー』出てこいやー!!」とコメントを寄せている。

三浦友和のコメント

まさか、あのインクレディブルな家族が帰ってきて、しかも、自分がまた声を担当させて頂けるとは思っていませんでした。今回は、赤ちゃんのジャック・ジャックのお世話などMr.インクレディブルが家事や育児に奮闘するようなので、イクメンヒーローとして頑張りたいと思っています!本作ならではのパワーアップしたアクションと家族の絆にも期待しています!

黒木瞳のコメント

この素晴らしい作品に再び参加することができてとても嬉しいです。前作は夫を支える妻でしたが、新作では私が演じるイラスティガールが家族の代表としてヒーローとして活躍するようなので、楽しみです!今回は働くお母さん、働く女性の強さもお見せできるようアクションシーンも頑張りたいと思います。

綾瀬はるかのコメント

私自身もこの作品の大ファンです。続編のお話を頂いてワッ見たいって思いました。多くのお客様に愛された作品に再び参加できることを嬉しく思っています。ヴァイオレット役、頑張ります!

高田延彦のコメント

再び、ファミリーと戦うアンダーマイナー役ができると聞いて、大変嬉しく思います。
「インクレディブル・ファミリー」出てこいやー!!

左から高田延彦、アンダーマイナービジュアル ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
左から高田延彦、アンダーマイナービジュアル ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『インクレディブル・ファミリー』 ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『インクレディブル・ファミリー』 ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『インクレディブル・ファミリー』ポスタービジュアル ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『インクレディブル・ファミリー』ポスタービジュアル ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで