ニュース

ホムカミ×サヌキ『New Neighbors』東京初開催 『ゴーストワールド』上映

Homecomingsとサヌキナオヤによる映画と音楽のイベント『Homecomings & Naoya Sanuki presents“New Neighbors Vol.4”』が、6月23日に東京・渋谷TOEIで開催される。

今回で第4回となる『New Neighbors』は、映画上映とHomecomingsによる映画にちなんだアコースティックライブで構成。過去3回は京都・京都みなみ会館で行なわれており、東京での開催は初となる。

上映作品は、ダニエル・クロウズの同名漫画をテリー・ツワイゴフ監督が映画化した『ゴーストワールド』。不満をぶつけながら青春を送っていた幼なじみのレベッカとイーニドが高校を卒業後にそれぞれの道を歩み始め、やがて2人はすれ違っていくというあらすじだ。イーニド役を『アメリカン・ビューティー』のソーラ・バーチ、レベッカ役をスカーレット・ヨハンソンが演じている。

『New Neighbors』について石田成美(Homecomings)は「第4回目の開催を迎えることができました。今回は自分たちの暮らす街から場所を移し、新たなスタートとなります。このイベントを通じて、また『GHOST WORLD』という作品を通じて、私たちの描く風景や色味、温度感をより多くの人と共有できれば嬉しいです」とコメントしている。会場ではZINEを販売予定。チケットは現在販売中だ。

石田成美(Homecomings)のコメント

毎日のルーティンや決め事(例えば通勤ラッシュの地下鉄や朝晩の犬の散歩、火曜日の歯医者、喫茶店のウインナーコーヒー、寝る前の電話とか)は自分にとって特別なお守りのようで、そんな風に思えるようになったのは最近のことだ。時に煌々とした街の灯りや喧騒はうつむく顔をかすめて、その影だけを一層濃くすることがある。誰からも忘れ去られてしまったように寂しい夜は回送バスでどこかへ行ってしまおう。そして朝になってまたこっそり戻ってくればいいから。
New Neighborsは第4回目の開催を迎えることができました。今回は自分たちの暮らす街から場所を移し、新たなスタートとなります。このイベントを通じて、また『GHOST WORLD』という作品を通じて、私たちの描く風景や色味、温度感をより多くの人と共有できれば嬉しいです。

『Homecomings & Naoya Sanuki presents“New Neighbors Vol.4”』ビジュアル
『Homecomings & Naoya Sanuki presents“New Neighbors Vol.4”』ビジュアル
Homecomings
Homecomings
『ゴーストワールド』ポスタービジュアル
『ゴーストワールド』ポスタービジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら