寺山修司の監督作品18本を一挙上映 三上博史のトーク&『あゝ、荒野』も

特集上映『寺山修司没後35年記念 特集上映「映画監督・寺山修司」2018』が、6月2日から東京・渋谷のユーロライブで開催される。

同イベントでは、今年で没後35年を迎える寺山修司の映画監督作品を一挙上映。上映作品には、初の長編映画『書を捨てよ町へ出よう』や、泉鏡花の同名小説をもとにした三上博史の映画デビュー作『草迷宮』、同名歌集に基づいた自伝的作品『田園に死す』など長短編18本がラインナップしている。さらに寺山が唯一残した長編小説を菅田将暉とヤン・イクチュンのダブル主演で映画化した『あゝ、荒野』も特別上映。

6月3日には三上博史、6月7日には元天井棧敷の寺山偏陸と笹目浩之(テラヤマ・ワールド、ポスターハリス・カンパニー)によるトークイベントを実施。詳細はテラヤマ・ワールドのオフィシャルサイトで確認しよう。なお同特集上映は4月28日から大阪・シネ・ヌーヴォ、6月下旬に愛知・名古屋シネマテークでも開催される。

イベント情報

『寺山修司没後35年記念 特集上映「映画監督・寺山修司」2018』

2018年6月2日(土)~6月7日(木) 会場:東京都 渋谷 ユーロライブ
上映作品: 『書を捨てよ町へ出よう』(監督:寺山修司) 『田園に死す』(監督:寺山修司) 『さらば箱舟』(監督:寺山修司) 『草迷宮』(監督:寺山修司) 『檻囚』(監督:寺山修司) 『トマトケチャップ皇帝』(監督:寺山修司) 『ジャンケン戦争』(監督:寺山修司) 『蝶服記』(監督:寺山修司) 『ローラ』(監督:寺山修司) 『青少年のための映画入門』(監督:寺山修司) 『疱瘡譚』(監督:寺山修司) 『審判』(監督:寺山修司) 『迷宮譚』(監督:寺山修司) 『消しゴム』(監督:寺山修司) 『マルドロールの歌』(監督:寺山修司) 『一寸法師を記述する試み』(監督:寺山修司) 『書見機』(監督:寺山修司) 『二頭女-影の映画』(監督:寺山修司) 『あゝ、荒野』(監督:岸善幸) 料金:一般1,800円 大学・専門学校生1,400円 シニア・ユーロスペース会員1,200円 高校生800円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 寺山修司の監督作品18本を一挙上映 三上博史のトーク&『あゝ、荒野』も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて