『安齋肇の世界展』主会場は秋田の蔵 「現代芸術」と「蔵の街並み」の融合

安齋肇の個展『安齋肇の世界展 ~Anzai Hajime and his world~』が4月22日から秋田・横手の旬菜みそ茶屋くらをほか複数会場で開催される。

同展は、現在休館中の横手市まんが美術館の移動特別企画展として行なわれるもの。横手市増田特有の鞘で囲った土蔵「内蔵」を主会場とし、「現代芸術」と「蔵の街並み」の融合をテーマに据え、安齋の作品を展示する。

初日の4月22日にはテープカットおよびトークイベントを実施。テープカットには安齋肇に加え、みうらじゅん、わしもらが登壇し、トークイベントは安齋とみうらの対談形式となる。トークイベントの申し込みは締め切られている。

詳細は横手市まんが美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『安齋肇の世界展 ~Anzai Hajime and his world~』

2018年4月22日(日)~6月24日(日) 会場:秋田県 横手 旬菜みそ茶屋くらをほか複数会場 時間:10:00~16:30(入場は閉場の30分前まで) 休展日:4月25日、5月8日、5月9日、5月16日、5月23日、5月30日、6月6日、6月13日、6月20日 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『安齋肇の世界展』主会場は秋田の蔵 「現代芸術」と「蔵の街並み」の融合

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて