ニュース

『第22回手塚治虫文化賞』マンガ大賞 野田サトル『ゴールデンカムイ』受賞

『第22回手塚治虫文化賞』マンガ大賞の受賞作品および受賞者が発表された。

マンガ大賞に選出されたのは、野田サトル『ゴールデンカムイ』。斬新な表現や画期的なテーマなどを扱う作者に贈られる新生賞には、板垣巴留が輝いた。擬人化された動物たちを描く『BEASTARS』の世界観と清新な表現が評価された。短編賞は矢部太郎『大家さんと僕』。漫画文化の発展に寄与した個人や団体に贈られる特別賞は、約18年ぶりに単行本『ひねもすのたり日記』を刊行したちばてつやが受賞した。

最終候補作品には野田サトル『ゴールデンカムイ』のほか、Ark Performance『蒼き鋼のアルペジオ』、田中圭一『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』、田辺剛『狂気の山脈にて』、おざわゆき『傘寿まり子』、鳥飼茜『先生の白い嘘』、石黒正数『それでも町は廻っている』、石塚真一『BLUE GIANT』、LF・ボレ作、フィリップ・ニクルー画、原正人訳による『MATSUMOTO』、白井カイウ原作、出水ぽすか作画による『約束のネバーランド』の10作品がノミネートしていた。

『手塚治虫文化賞』は1997年に朝日新聞社が創設。マンガ大賞の対象作品は昨年刊行された単行本となり、8人の社外選考員による投票を経て選出された作品に加えて、書店員や漫画関係者の推薦で選ばれた作品が最終候補となっていた。社外選考委員は今年から加わった秋本治をはじめ、桜庭一樹、杏、里中満智子、中条省平、中野晴行、南信長、みなもと太郎、ヤマダトモコの8人。

『手塚治虫文化賞』のオフィシャルサイトには受賞者のコメントが掲載されている。

野田サトル『ゴールデンカムイ 1』表紙
野田サトル『ゴールデンカムイ 1』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密