ニュース

中尾明慶がジミー大西&玉山鉄二が明石家さんま役 ドラマ『Jimmy』7月配信

明石家さんまプロデュースのNetflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の配信日が7月20日になることが発表された。

190か国に配信される同作は、ジミー大西と周囲の仲間たちの実体験をもとにした作品。駆け出しの芸人であった大西がさんまとの出会いをきっかけにして芸人の才能を開花させ、やがて画家に転身するまでの物語や、大西とさんまを取り巻く様々な人物との16年間にわたる交流などを描いている。大西役を中尾明慶、さんま役を玉山鉄二が演じる。

今回の発表とあわせてキービジュアルも公開。満面の笑みを浮かべる中尾と玉山をはじめ、テレビ局のプロデューサー役の佐藤浩市や大竹しのぶ役の池脇千鶴、ジミー大西の恩師とも言える野球部顧問役の生瀬勝久が登場している。また、かつての「なんば花月」のセットビジュアルや、ジミー大西が映画のために描き下ろした三日月と通天閣のイラストと共に「そのアホを、天才は信じた。」というキャッチコピーが写し出されている。

さらに、主題歌をMISIAが担当することも発表。楽曲はさんまが「芸人にも相通じる音楽だ」と評する、甲斐バンドの“最後の夜汽車”のカバーとなり、アメリカ・ニューヨーク在住のジャズトランペット奏者・黒田卓也がアレンジを手掛けている。

明石家さんまは同作について「2年がかりの超大作。俺が思ったとおり、思っていた以上の作品に仕上がりました。初プロデュース作品として大満足!」とコメントを寄せている。

なお同作は当初、明石家さんま役に小出恵介がキャスティングされており、昨年7月の配信を予定していた。昨年6月に小出が芸能活動無期限停止となったことを受けて配信が延期となり、さんま役に玉山鉄二を迎えて再撮影が行なわれていた。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』キービジュアル ©2018YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』キービジュアル ©2018YDクリエイション
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル