ニュース

中尾明慶がジミー大西&玉山鉄二が明石家さんま役 ドラマ『Jimmy』7月配信

明石家さんまプロデュースのNetflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の配信日が7月20日になることが発表された。

190か国に配信される同作は、ジミー大西と周囲の仲間たちの実体験をもとにした作品。駆け出しの芸人であった大西がさんまとの出会いをきっかけにして芸人の才能を開花させ、やがて画家に転身するまでの物語や、大西とさんまを取り巻く様々な人物との16年間にわたる交流などを描いている。大西役を中尾明慶、さんま役を玉山鉄二が演じる。

今回の発表とあわせてキービジュアルも公開。満面の笑みを浮かべる中尾と玉山をはじめ、テレビ局のプロデューサー役の佐藤浩市や大竹しのぶ役の池脇千鶴、ジミー大西の恩師とも言える野球部顧問役の生瀬勝久が登場している。また、かつての「なんば花月」のセットビジュアルや、ジミー大西が映画のために描き下ろした三日月と通天閣のイラストと共に「そのアホを、天才は信じた。」というキャッチコピーが写し出されている。

さらに、主題歌をMISIAが担当することも発表。楽曲はさんまが「芸人にも相通じる音楽だ」と評する、甲斐バンドの“最後の夜汽車”のカバーとなり、アメリカ・ニューヨーク在住のジャズトランペット奏者・黒田卓也がアレンジを手掛けている。

明石家さんまは同作について「2年がかりの超大作。俺が思ったとおり、思っていた以上の作品に仕上がりました。初プロデュース作品として大満足!」とコメントを寄せている。

なお同作は当初、明石家さんま役に小出恵介がキャスティングされており、昨年7月の配信を予定していた。昨年6月に小出が芸能活動無期限停止となったことを受けて配信が延期となり、さんま役に玉山鉄二を迎えて再撮影が行なわれていた。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』キービジュアル ©2018YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』キービジュアル ©2018YDクリエイション
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化