草間彌生のカボチャ作品集う『永遠の南瓜展』が京都で開催 120点超展示

展覧会『草間彌生 永遠の南瓜展』が、5月3日から京都・祇園四条のフォーエバー現代美術館 祇園・京都で開催される。

草間彌生の代表的なモチーフであるカボチャを用いた作品を中心に、全123点を展示する同展。「実際の南瓜がそれぞれ豊かな表情を持っているように、わたしの南瓜だってどれ一つとして同じではない」と草間自身が語っているように、草間が様々な形、色、素材で制作してきたカボチャ作品のバリエーションと変化の軌跡を探る。

会場となるフォーエバー現代美術館 祇園・京都の展示室は畳敷きになっており、庭園も併設。今年で開館1周年を迎えた同館は、これまでの展示室に加えて新たに2室を拡充し、5月3日にグランドオープンする。『草間彌生 永遠の南瓜展』はグランドオープンを記念した展覧会となる。

展示作品は、「南瓜の間」に展示されるカボチャをモチーフにした油彩、版画、立体インスタレーション作品35点に加えて、「花の間」「富士の間」の展示室には部屋の名にちなんだモチーフの作品を構成。常設展示室では、1963年制作の『無限の網』や1992年制作の『黄樹』といった草間の代表作を含む、初期作から2000年代までの作品が展示される。

イベント情報

『草間彌生 永遠の南瓜展』

2018年5月3日(木・祝)~2019年2月28日(木) 会場:京都府 祇園四条 フォーエバー現代美術館 祇園・京都 時間:10:00~18:00(入館は17:30まで) 料金:一般1500円 中高生1000円 ※小学生以下、障害者手帳を持参の方と介添人1名は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 草間彌生のカボチャ作品集う『永遠の南瓜展』が京都で開催 120点超展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて