ニュース

Netflixドラマ『13の理由』シーズン2の予告編公開 「ハンナだけじゃない」

5月18日からNetflixで配信されるドラマ『13の理由』シーズン2の予告編と場面写真が公開された。

若者たちを縛るスマートフォンやSNSを通した友情、恋愛、人間関係など現代社会の闇を映し出した『13の理由』は、女子高生ハンナ・ベイカーが謎の自殺を遂げた後、1人の同級生の元に彼女が死を選んだ理由が語られた7本のカセットテープが届くというあらすじ。シーズン2ではハンナの死に揺れながらも、登場人物たちが傷を癒やし、乗り越えようとする姿を描く。製作総指揮はシーズン1に引き続きセレーナ・ゴメス。

予告編では、ディラン・ミネット演じるクレイのロッカーからハンナが写り、裏に「ハンナだけじゃない」と書かれたポラロイドが落ちてくるシーンや、アリーシャ・ボー演じるジェシカが学校で「信用できない」という貼紙を目にする場面、「もう誰も頼らない。自分でやる」というクレイのセリフなどが確認できる。場面写真には椅子に座ったクレイが振り返る様子や、「A DRUNK」「SLUT」と書かれた紙を手にするジェシカの姿が写し出されている。

クレイ役のディラン・ミネットは「ハンナの人生について、シーズン1では明かされなかったことが次々と分かるんだ。ほかのキャラクターについてもより深く掘り下げられているよ」とコメント。また脚本を手掛けたブライアン・ヨーキーは「ハンナを死へと追い詰めてしまった人たちそれぞれにもいろんなストーリーがあることに気付きました。それも知りたいと思ったのでシーズン2を制作しました」と明かしている。

『13の理由』シーズン2キービジュアル
『13の理由』シーズン2キービジュアル
『13の理由』シーズン2
『13の理由』シーズン2
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー