『ぼく明日』が朗読劇に 鈴木拡樹&山崎紘菜ら男女7組出演 三浦直之演出

朗読劇『恋を読む「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」』が8月24日から29日にかけて東京・有楽町のオルタナティブシアターで上演される。

新たな朗読劇シリーズ『恋を読む』の第1弾となる同公演の原作は、2016年に実写映画化された七月隆文の小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』。通学電車で出会った女性と交際する「ぼく」が、ある秘密を知ってしまったことで彼女とすれ違い始めるというあらすじだ。

舞台に登場するのは、主人公の男女を演じる2人のみ。同公演のために制作されたオリジナルアニメーションと共に上演される。

出演者は日によって異なり、男女の組み合わせは鈴木拡樹と山崎紘菜、梶裕貴と高月彩良、木村達成と清水くるみ、黒羽麻璃央と戸松遥、鳥越裕貴と梅田彩佳、松田凌と内田真礼、三浦宏規と福原遥となる。出演日はオフィシャルサイトで確認しよう。

脚本・演出を手掛けるのは劇団ロロ主宰の三浦直之。音楽を深澤恵梨香、アニメーションをひらのりょう(FOGHORN)、衣装を伊賀大介が担当する。三浦は同作について「朗読は、あたりまえだけどすでに書かれたものを読む行為です。かつて誰かが書いた言葉を追想する行為っていってもいいかもしれません。それって『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』にとてもよく似合います」と語っている。チケットの一般販売は7月22日からスタート。

三浦直之のコメント

朗読は、あたりまえだけどすでに書かれたものを読む行為です。かつて誰かが書いた言葉を追想する行為っていってもいいかもしれません。それって「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」にとてもよく似合います。
出会いに別れを重ねるような、別れに出会いを溶かすような物語を、たった2人の俳優たちと一緒につくります。

七月隆文のコメント

朗読劇にして頂くのは初めてなので、どんなものになるのか、わくわくしています。7通りの高寿と愛美が見られるというのも、ならではの贅沢で、それぞれの役者さんがどんなふうに演じられるのか、違いがとても楽しみです。

イベント情報

『恋を読む「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」』

2018年8月24日(金)~8月29日(水)全17公演 会場:東京都 有楽町マリオン別館 7階 オルタナティブシアター
脚本・演出:三浦直之(ロロ) 原作:七月隆文『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(宝島社文庫) 出演: 鈴木拡樹 山崎紘菜 梶裕貴 高月彩良 木村達成 清水くるみ 黒羽麻璃央 戸松遥 鳥越裕貴 梅田彩佳 松田凌 内田真礼 三浦宏規 福原遥 料金:5,400円
  • HOME
  • Stage
  • 『ぼく明日』が朗読劇に 鈴木拡樹&山崎紘菜ら男女7組出演 三浦直之演出

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて