ニュース

「フィクションとしての考古学」がコンセプト D・アーシャムの新作個展

ダニエル・アーシャムの個展『Architecture Anomalies』が、5月23日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

1980年にアメリカ・オハイオ州で生まれ、現在はニューヨークを拠点に活動するダニエル・アーシャム。「フィクションとしての考古学」を意味する「Fictional Archeology」というコンセプトに基づいた立体作品やペインティング、インスタレーション、パフォーマンスなどを制作しており、これまでにMoMA PS1やニュー・ミュージアムなどで作品の発表を行なっている。また近年は映像作品の制作にも精力的に取り組み、『Future Relic』と題した短編映画のシリーズを発表している。

『Architecture Anomalies』展では「科学的常識、原則からは説明できない逸脱、偏差を起こした現象を含む構造」をテーマにした新作を展示。浸食した壁、壁と同化した布、「身体性を連想させるだけの布」といったインスタレーションを中心に構成される予定だ。

なお5月23日に作家を囲んだオープニングレセプションが、NANZUKAと東京・六本木のギャラリー・ペロタン東京の2会場で同時開催。ギャラリー・ペロタン東京では同日からアーシャムの個展『COLOR SHADOWS』が行なわれる。

ダニエル・アーシャム作品 Copyright by Daniel Arsham, Courtesy of NANZUKA
ダニエル・アーシャム作品 Copyright by Daniel Arsham, Courtesy of NANZUKA
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も 1

    土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

  2. 「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も 2

    「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も

  3. 二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も 3

    二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も

  4. 石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役 4

    石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役

  5. 三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開 5

    三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開

  6. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 6

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  7. サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ 7

    サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ

  8. 『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加 8

    『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加

  9. 銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材 9

    銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材

  10. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 10

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真