王舟とBIOMANによるアルバム本日発売 新レーベル「NEWHERE MUSIC」第1弾

王舟とBIOMAN(neco眠る)のアルバム『Villa Tereze』が本日5月23日にリリースされた。

音楽レーベルfelicityの兄弟レーベルとして発足する「NEWHERE MUSIC」の第1弾作品としてリリースされる同作。NEWHERE MUSICは電子、光、軽音楽をコンセプトに、ジャンルの境界線を取り払った「エレクトロニック・ライト・ミュージック」を送り出すことを目指すという。

同アルバムは、王舟とBIOMANによる架空のサウンドトラック。昨年2人がイタリア中部の小さな町、ペルゴラに滞在した約2週間で作られた。レコーディング、ミックスエンジニアは王舟と共作でアルバム『6songs』をリリースしているイタリア人ミュージシャン、マッティア・コレッティが担当。マッティアが王舟と回った日本ツアーの際、大阪で出会ったBIOMANと意気投合したことから、制作がスタートしたとのこと。

リリースにあわせて、収録曲“Pergora”“Rimini”“Terni”のダイジェスト映像が公開。映像はイラストレーターでアニメーション作家の山田遼志が手掛けた。

リリース情報

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 王舟とBIOMANによるアルバム本日発売 新レーベル「NEWHERE MUSIC」第1弾

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて