蜷川幸雄が語った俳優たちや「身体」「物語」、書籍『身体的物語論』刊行

蜷川幸雄の著書『身体的物語論』が本日5月29日に刊行された。

2016年に逝去した演出家の蜷川幸雄。『身体的物語論』は生前に蜷川が遺した「身体」「物語」についての考察を書籍化したものとなる。雑誌連載された記事を再編集して収録するほか、語り下ろしのインタビュー、企画・構成を担当した木俣冬による関係者たちの証言やレポートも掲載する。

文中に登場する俳優は、井浦新、市村正親、石橋蓮司、市川猿之助、市川夏江、井上芳雄、内田健司、内田裕也、大竹しのぶ、小栗旬、長内映里香、勝村政信、蟹江敬三、川口覚、木村文乃、高良健吾、真田広之、白井晃、白石加代子、鈴木杏、高岡蒼甫、高岡健二、高橋努、田島優成、竪山隼太、多部未華子、長塚圭史、中西晶、生瀬勝久、成宮寛貴、新納慎也、長谷川博己、畠山久、平幹二朗、藤原竜也、古田新太、古畑新之、二宮和也、細田善彦、前田敦子、松坂桃李、松重豊、松たか子、真山知子、三浦涼介、緑魔子、三原康可、宮沢りえ、宮脇卓也、吉高由里子、渡辺謙といった顔ぶれ。

リリース情報
  • HOME
  • Book
  • 蜷川幸雄が語った俳優たちや「身体」「物語」、書籍『身体的物語論』刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて