女性型ドロイドL3-37は毒舌キャラ、映画『ハン・ソロ』新場面写真公開

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の新場面写真が公開された。

『スター・ウォーズ4/新たなる希望』でルーク・スカイウォーカーやレイアと出会う前のハン・ソロを描く同作。チューバッカとの出会いや悪友ランド・カルリジアンとの遭遇、ミレニアム・ファルコンを手にいれるまでの過程などが描かれる。ハン・ソロ役を演じるのはコーエン兄弟の監督作『ヘイル、シーザー!』などに出演しているオールデン・エアエンライク。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でも監督をオファーされていたというロン・ハワードがメガホンを取った。公開は6月29日。

今回公開されたのは、女性型ドロイド「L3-37」の最新ビジュアル。元々は「R2-D2」と同じ整備用ドロイドだったL3-37は、ルーク・スカイウォーカーに忠実な「C-3PO」とは真逆で、相棒ランド・カルリジアンに対して思ったことをすぐに言ってしまう毒舌キャラクターだという。

L3-37役を演じたフィービー・ウォーラー=ブリッジは、「ランドとL3-37はとても親密な関係。お互いを頼りにし合っているの。L3-37にとっては、初めてドロイドを人間と同じように扱ってくれる人だったんだと思う。だからお互いを尊敬し合っているのだけど、同時に何でも言い合えるからお互いイラつく存在でもある。ランドは調子が良くて人当りが良い性格だけど、L3-37はまっすぐで頑固な性格。お互い正反対だけど、最高のコンビです」とコメント。

またロン・ハワード監督は「女性型ドロイドのL3-37はとても重要で革新的なキャラクターなんだ。彼女はドロイドだけど、自分なりの考えを持っていて、強い芯のある個性的なドロイドだよ。頭がよくて面白くて、誰もがL3-37を好きになると思う。本当に素晴らしいキャラクターなんだ」と明かしている。

作品情報

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

2018年6月29日(金)から全国公開
監督:ロン・ハワード 出演: オールデン・エアエンライク ウッディ・ハレルソン エミリア・クラーク ドナルド・グローヴァー ヨーナス・スオタモ 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 女性型ドロイドL3-37は毒舌キャラ、映画『ハン・ソロ』新場面写真公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて