ニュース

16歳の少年少女の恋と友情、青春の残酷さ 伊映画『最初で最後のキス』

『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus
『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus

映画『Un Bacio』が『最初で最後のキス』の邦題で本日6月2日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

2016年の『イタリア・ゴールデングローブ賞』で最優秀脚本賞を受賞した同作。高校ではみ出し者扱いされているロレンツォ、ブルー、アントニオの3人が、自分たちを阻害する生徒たちに復讐を試みるが、ある出来事をきっかけに友情が壊れ始めるというあらすじだ。

監督は『ミラノ、愛に生きる』『あしたのパスタはアルデンテ』の脚本を務めたイヴァン・コトロネーオ。コトロネーオ監督は2008年にアメリカで発生した「ラリー・キング殺人事件」の記事をもとに自ら執筆した原作小説『UN BACIO』を映画化し、共同で脚本も手掛けた。撮影は『グレートビューティー/追憶のローマ』に参加したルカ・ビガッツィが担当。

予告編ではブルーがロレンツォに「ゲイの友達は初めて」と語る場面や、3人が「ニュートン高校のはみ出し者3人組に」と乾杯するシーン、誕生日プレゼントを渡すロレンツォにアントニオが「僕につきまとうな」と暴行を加える様子、アントニオが猟銃を構える姿などが映し出されている。劇中では、Lady Gaga“Born this way”などの楽曲が使用されている。

日本での公開にあわせ、ロレンツォ役のリマウ・グリッロ・リッツベルガーが来日。6月2日に新宿シネマカリテで行なわれる舞台挨拶に登壇する。


『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus
『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus
『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus
『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus
『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus
『最初で最後のキス』 ©2016 Indigo Film – Titanus
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年