香川照之が「昆活マイスター」の『昆虫』展続報 新種昆虫ネーミング企画も

『特別展「昆虫」』の続報が発表された。

今回発表されたのは、第1弾企画「特別展『昆虫』×香川照之 各所に潜む昆虫チラシを採集しよう!」に続く、第2弾企画「君の名が。虫の名に。 新種昆虫ネーミングキャンペーン」と第3弾企画「愛を叫んで昆虫に変身!? ARアプリでオリジナル写真をゲット!」。

「君の名が。虫の名に。 新種昆虫ネーミングキャンペーン」では、同キャンペーン当選者の名前を、三田敏治(九州大学)と共にマダガスカル共和国で発見したセイボウの未記載種の学名として論文で発表。当選者は、「昆活マイスター」として展覧会のオフィシャルサポーターを務める香川照之が出席する「ネーミングセレモニー」に招待される。応募方法の詳細は『特別展「昆虫」』のオフィシャルで確認しよう。

香川は「新種を探して見つけだしてしまったのはすごいけど、言い換えると、それだけ昆虫の世界はまだまだ可能性に満ち溢れているということだと思います。また、自分の名前を昆虫の名前として永遠に残せるなんて、ロマンがありますよね!」とコメント。

また「愛を叫んで昆虫に変身!? ARアプリでオリジナル写真をゲット!」は、会場内および「会場MAP」の裏側に記載されたQRコードをスマートフォンで読み取り、スマートフォンのカメラに向かって昆虫への愛を叫ぶと撮影者の姿が昆虫に変身するというもの。

7月13日から東京・上野の国立科学博物館で開催される『特別展「昆虫」』では、世界で収集された多数の標本や映像・展示演出で昆虫の世界を紹介。国の天然記念物に指定されているヤンバルテナガコガネのタイプ標本をはじめ、数万点におよぶ標本が一堂に展示される。また昆虫標本を特殊な撮影技術で3D化し、スクリーンに投影する演出や、昆虫の身体の仕組みを紹介する全長約2メートルの巨大模型も登場する。

香川照之のコメント

新種を探して見つけだしてしまったのはすごいけど、言い換えると、それだけ昆虫の世界はまだまだ可能性に満ち溢れているということだと思います。また、自分の名前を昆虫の名前として永遠に残せるなんて、ロマンがありますよね!
昆活マイスターとして、そのロマンをこのキャンペーンで皆さんにお伝えしたいと思います。

イベント情報

『特別展「昆虫」』

2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝) 会場:東京都 上野 国立科学博物館 時間:9:00~17:00(金、土曜は20:00、8月12日~8月16日、8月19日は18:00まで、最終入場は閉館の30分前まで) 休館日:7月17日、9月3日、9月10日、9月18日、9月25日 料金:一般・大学生1,600円 小中高生600円
  • HOME
  • Life&Society
  • 香川照之が「昆活マイスター」の『昆虫』展続報 新種昆虫ネーミング企画も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて