ニュース

井上真央VS大泉洋、関西弁で大喧嘩 映画『焼肉ドラゴン』本編映像公開

『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会

6月22日から全国公開される映画『焼肉ドラゴン』の本編映像が公開された。

鄭義信の作・演出による同名舞台を鄭が自ら映画化する『焼肉ドラゴン』。高度経済成長期の1970年を舞台に、故郷を奪われ、関西の地方都市で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む6人家族が、時代の波に翻弄されながらも力強く生きる姿を描く。一家の長女・静花役に真木よう子、次女・梨花役に井上真央、三女・美花役に桜庭ななみがキャスティング。幼なじみの静花への想いを秘めたまま梨花と結婚する常連客・哲男役を大泉洋、美花と秘めた恋を繰り広げる長谷川豊役を大谷亮平、哲男の一人息子を大江晋平が演じる。

公開された本編映像では、自転車で2人乗りしながら坂を下ってきた哲男と梨花が、「焼肉ドラゴン」の前で自転車を降りた途端に関西弁で激しく口論する場面が映し出されている。2人の様子をみて「どないしたん?」と顔を出す静花や、口論の末に「もう結婚せん!」と発言する梨花の姿を確認できる。

キャスト全員のセリフが関西弁となる同作。撮影現場では、関西出身者が大谷のみだったため、方言指導の担当者による厳しいチェックが行なわれていたという。北海道出身の大泉は「関西弁の指導してくれた方のノートを見たら、井上真央ちゃんのとこだけ花丸がついていて、私はバツだらけ。思わず、贔屓してない?って聞きました(笑)」とコメント。また井上は口論のシーンで大泉の自転車走行が下手だったために「自然と怒りが沸き出て、リアルな感情で演技が出来た」と明かしている。

『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
『焼肉ドラゴン』 ©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進