吉岡秀隆主演『悪魔が来りて笛を吹く』に志田未来、中村蒼、倉科カナら

7月28日にNHK BSプレミアムで放送されるドラマ『悪魔が来りて笛を吹く』の追加キャストが発表された。

1973年に横溝正史が発表した同名推理小説を原作にした『悪魔が来りて笛を吹く』は、東京の旧華族の屋敷を舞台にしたミステリー。殺人事件の容疑者に目され、自殺を遂げた椿英輔の無実を信じる娘・美禰子から依頼を受けた探偵・金田一耕助が、旧華族のインモラルな人間関係やおごり、それらが生み出した怨念と悲劇に向き合っていくというあらすじだ。過去6回にわたって映像化され、今回の撮影は三重・桑名に残る文化財級の洋館で実施。金田一耕助役を吉岡秀隆が演じる。脚本は喜安浩平、演出は吉田照幸が担当。

今回出演が発表されたのは、美禰子役の志田未来、三島東太郎役の中村蒼、菊江役の倉科カナ、等々力警部役の池田成志、玉虫公丸役の中村育二、椿英輔役の益岡徹、目賀重亮役の山西惇、新宮利彦役の村上淳、新宮華子役の篠原ゆき子、新宮一彦役の中島広稀、沢村刑事役の市川知宏、おすみ役の橋本マナミ、おかみ役の山村紅葉、堀井駒子役の黒沢あすか、小夜子役の小林涼子、椿秌子役の筒井真理子、慈道役の火野正平、せつ子役の倍賞美津子。

志田未来は「時を重ねるたびに映像化され、今まで諸先輩方が演じてこられた美禰子を演じさせていただけることに、喜びとプレッシャーを感じております」、中村蒼は「非常に難しい役どころで常に頭を悩ませながら撮影を行っていますが、今回の吉田組でしか作ることができない作品と三島東太郎を作っていけたらなと思っています」とそれぞれコメントしている。

志田未来のコメント

時を重ねるたびに映像化され、今まで諸先輩方が演じてこられた美禰子を演じさせていただけることに、喜びとプレッシャーを感じております。
登場人物の中で、いちばん視聴者の方の目線に立っている役だと思っていますので、美禰子と共に事件に迷い込んでもらえるよう精いっぱい、努めたいと思います。

中村蒼のコメント

これまで数多く映像化されてきた金田一シリーズに自分の名前を刻めることを光栄に思います。
また新しい金田一作品が生まれることにとてもワクワクしています。
非常に難しい役どころで常に頭を悩ませながら撮影を行っていますが、今回の吉田組でしか作ることができない作品と三島東太郎を作っていけたらなと思っています。

番組情報

『悪魔が来りて笛を吹く』

2018年7月28日(土)21:00~22:59にNHK BSプレミアムで放送
脚本:喜安浩平 演出:吉田照幸 原作:横溝正史『悪魔が来りて笛を吹く』 出演: 吉岡秀隆 志田未来 中村蒼 倉科カナ 池田成志 中村育二 益岡徹 山西惇 村上淳 篠原ゆき子 中島広稀 市川知宏 橋本マナミ 山村紅葉 黒沢あすか 小林涼子 筒井真理子 火野正平 倍賞美津子
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 吉岡秀隆主演『悪魔が来りて笛を吹く』に志田未来、中村蒼、倉科カナら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて