ニュース

乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』舞台写真&コメント

『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会

乃木坂46主演のミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の舞台写真とコメントが公開された。

同公演は、『美少女戦士セーラームーン』の25周年を記念した3つの舞台プロジェクトのうちの1つ。乃木坂46から選抜された10人が「Team MOON」「Team STAR」の2チームに分かれ、ダブルキャストでセーラー5戦士を演じるほか、白石麻衣がクイーン・セレニティ役で映像出演する。

今回公開されたのは、公演に先駆けて行なわれたゲネプロでの舞台写真と、セーラー5戦士役を演じる山下美月、井上小百合、伊藤理々杏、渡辺みり愛、高山一実、寺田蘭世、能條愛未、梅澤美波、樋口日奈、中田花奈に加えて、タキシード仮面役の石井美絵子の集合写真。コメントは囲み取材時のものとなる。

公演は本日6月8日から東京・天王洲の銀河劇場で上演されている「天王洲 銀河劇場Ver.」、9月21日から東京・TBS赤坂ACTシアターで上演される「TBS赤坂ACTシアターVer.」の2部で構成され、一部異なる演出になる予定だ。チケットは現在販売中。

山下美月(乃木坂46)のコメント

見どころは全部と言いたいくらい、最初から最後までずっとキラキラしていて、愛・夢・友情など、たくさんのことがつまった作品になっています。
特に皆さんに見ていただきたいのは、それぞれのセーラー5戦士の変身シーンです。注目してください。

伊藤理々杏(乃木坂46)のコメント

今回の舞台、セーラー5戦士それぞれの個性、ワクワク・ドキドキ・ハラハラするような高揚感を味わうことができつつ、感動的なシーンもたくさんあります。観ている方にジェットコースターに乗っているような気分で楽しんでいただけたらうれしいです。

高山一実(乃木坂46)のコメント

セーラームーンがすごく好きなのですが、舞台への出演にあたり改めて向き合い、そこで気づいたのは、月野うさぎちゃんという人物が、どれだけたくさんの人に愛されているか、どれだけすごい力を持っているか、ということでした。
皆さんには、ぜひそういうところも注目していただきたいです。

能條愛未(乃木坂46)のコメント

変身シーンをミュージカルではどう表現しているか、ぜひ注目してほしいです。
それぞれがそれぞれのトレードマークなどをモチーフに派手な変身シーンになっているので、楽しみにしていてください。

樋口日奈(乃木坂46)のコメント

セーラーヴィーナスは、どんな状況に陥っても一番先に声をあげて前向きに進んで行きます。そんな姿がかっこいいと思っているので、ぜひ注目してください。
また、同じ乃木坂46の白石麻衣ちゃんも映像出演をしています。それがどういう形でみんなと一緒に舞台の上で動いているのかも見どころです。

井上小百合(乃木坂46)のコメント

月野うさぎちゃんが、さまざまな運命の人と出会って強くなっていくところが、個人的にはとても見どころです。
それが、乃木坂46である自分にも重なる部分があったりします。それは、舞台に出会えたことだったり、ファンの人に会えたことだったり、このカンパニーに出会えたことだったり。そういう点が物語に重なり、リアリティをもってセリフを言っている部分もあります。なので、ご覧いただく際、そういったところも感じ取って楽しんでいただけたらうれしいです。

渡辺みり愛(乃木坂46)のコメント

セーラー5戦士の登場シーンがみどころです。Team MOONとTeam STARでキャラクターは同じはずなのに、話し方、立ち方でそれぞれ個性が出ています。そこで、どう自分が演じるキャラクターになれるかがカギだと思っていますので、ぜひ注目してください。

寺田蘭世(乃木坂46)のコメント

約1ヶ月一緒に稽古を行い感じたのは、それぞれメンバーの性格が、演じるキャラクターに近いのではないか、ということです。そのせいか、普段からキャラクターと同じような掛け合いもどんどん増えました。
このことは、本番にもいきると思っているので、両チーム、関係性にもぜひ注目して観てください。

梅澤美波(乃木坂46)のコメント

メンバーみんなががんばったので、アクションシーンに注目してほしいです。
また、キャラクター一人ひとりが誰かのためにいろいろなものを背負って戦っている姿は、ものすごくかっこいいです。それぞれのキャラクター同士の関係性に注目しながら、観ていただけたらうれしいです。

中田花奈(乃木坂46)のコメント

セーラーヴィーナスはセーラー5戦士の中でリーダーです。個人的にはリーダーという役割を考え、普段の自分と変え、しっかりするようにがんばったことは挑戦だったので、そこを観てほしいです。
また、乃木坂46版ということで、乃木坂×セーラームーンという難しい課題に一生懸命取り組んだので、ぜひご覧ください。

石井美絵子のコメント

セーラー5戦士がWキャストで同じストーリー、役をやっているにもかかわらず、こんなにも変わるのか!
というくらいまったく違うものになっているので、どちらも観ていただきたいです。
また、ウォーリー木下さんの演出は、最新の技術と、人間だからできるアナログなことが組み合わさり、とてもおもしろいエンターテイメントの世界になっています。
この世界観で乃木坂46のみんなが、汗を流し一生懸命声を出してがんばっている。こんな新しいセーラ
ームーンの世界を2018年に見ることができる、貴重な舞台だと思っています。
彼女たちががんばれる、戦える場を、わたしは作っていきたい、護っていきたいと思っています。
彼女たちが輝きますよう、応援よろしくお願いします。

ウォーリー木下のコメント

今回、乃木坂46のメンバーは、いろいろ準備が大変な中、探りながら戸惑いながらだったと思います。
ただ、ある日突然、こうすればよいんだ!というのがわかった瞬間があったと感じました。
そこから乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」は、とてもおもしろい作品になりました。カンのよさなのか、演技をずっとやっていたからこそのノウハウのようなものなのか、彼女たちのそういった「野生の鋭さ」のようなものが、この舞台でいきています。
2.5次元ミュージカルの枠を超えた、大きなミュージカル作品としてできあがっていると思います。

『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
『乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』 ©武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
画像を拡大する(24枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化