ニュース

シアーシャ・ローナン主演『追想』予告編 男女の初夜と6時間だけの結婚

映画『追想』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

イアン・マキューアンの小説『初夜』を映画化した同作は、家庭環境や生い立ちがまるで違う20代前半の夫婦、フローレンスとエドワードを描いたもの。1962年の保守的なロンドンで恋に落ちた2人が、新婚旅行先で初夜を迎える緊張と興奮から気まずくなり、フローレンスが口論の末にホテルを飛び出してしまう、というあらすじだ。バイオリニストのフローレンス役を『ブルックリン』『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、歴史学者を目指すエドワード役をビリー・ハウルが演じる。監督はドミニク・クック、脚本は原作者のイアン・マキューアンが自ら手掛けた。

公開された予告編では、キスをする2人の姿や、フローレンスが「結婚するのに幸せそうに見えない」と指摘される場面、エドワードがフローレンスに「僕らは今日結婚したんだ、誓い合った!」と叫ぶ様子やなどが映し出されている。またナレーションでは「たった6時間の結婚、なぜ2人は別れなければならなかったのか」といった言葉が語られている。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、「一生忘れられない恋だった。」というキャッチコピーと共に、フローレンスと彼女に背を向けるエドワードの姿が確認できる。

『追想』は8月10日から東京・有楽町のTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開で公開される。

『追想』ポスタービジュアル ©British Broadcasting Corporation/ Number 9 Films (Chesil) Limited 2017
『追想』ポスタービジュアル ©British Broadcasting Corporation/ Number 9 Films (Chesil) Limited 2017
『追想』 ©British Broadcasting Corporation/ Number 9 Films (Chesil) Limited 2017
『追想』 ©British Broadcasting Corporation/ Number 9 Films (Chesil) Limited 2017
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー