インタビューメディア「Qonversations」リニューアル、問いを「カタチ」に

インタビューメディア「Qonversations」がリニューアル。第1期のプロジェクトが発表された。

2012年にインタビュアーにスポットをあてるインタビューメディアとしてスタートしたQonversations。編集者の原田優輝が代表を務める株式会社カンバセーションズが運営している。2015年には同サイトに掲載された記事をもとにした対談集『欲望するインタビュー』も刊行された。

リニューアル後は「問いをカタチにするインタビューメディア」を掲げたプロジェクトを展開。新たな作品制作や新規事業などのアイデアを持ったクリエイター、起業家や、企業、自治体の担当者らにリサーチの場をインタビューを通じて提供すると共に、その過程をインタビュー記事として発信する。またプロジェクト実現までのサポートを様々な方面から実施していく。

第1期のインタビュアーとなるのは、メディアアーティストの市原えつこ、熊野森人(ゆっくり おいしい ねむたいな)、杉浦太一(CINRA)。市原えつこは「来訪神のリデザイン」をテーマに掲げた新作のリサーチ、熊野森人は「ゆっくり おいしい ねむたいな」の掲げる「幸せの数値化」を実現する方法、杉浦は新事業に繋がる「第三の教育の場のつくり方」を様々な領域のスペシャリストへのインタビューを通じて探っていく。

  • HOME
  • Art,Design
  • インタビューメディア「Qonversations」リニューアル、問いを「カタチ」に

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて