ニュース

國村隼×高田翔×長谷川京子 岩代太郎が贈る舞台『ライフ・コンチェルト』

左上から時計回りに岩代太郎、國村隼、長谷川京子、染谷俊之、大森博史、黒川智花、高田翔
左上から時計回りに岩代太郎、國村隼、長谷川京子、染谷俊之、大森博史、黒川智花、高田翔

舞台『奏劇「ライフ・コンチェルト」ある教誨師の物語~死刑執行までのカウントダウン』が、8月29日から東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演される。

『レッドクリフ』シリーズや『あゝ、荒野』などの映画音楽で知られる岩代太郎が企画、原作、音楽を手掛ける『奏劇「ライフ・コンチェルト」ある教誨師の物語~死刑執行までのカウントダウン』は、演劇劇場とクラシックホールの両方で上演を目指す作品。ベテラン教誨師の牧師・元村由紀夫、元村の後任の牧師・塩野智嗣が死刑囚の大島玲子、古戸健治らと向き合う姿を描く。

元村由紀夫役を演じるのは、原作のモデルでもある國村隼。共演者には塩野智嗣役の高田翔(ジャニーズJr.)、古戸健治役の大森博史、大島玲子役の長谷川京子、玲子の娘・瑠璃役の黒川智花、語りとして染谷俊之が名を連ねる。指揮は岩代太郎、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏団が担当。

チケットの一般販売は7月28日10:00からスタート。9月17日には東京・四ツ谷の紀尾井ホールでコンサートバージョンの公演が行なわれる。

岩代太郎のコメント

多くのサウンドトラックを手掛けながら、時には台詞よりも雄弁に語る音楽の有様を知り、新しい音楽の可能性を探求したいとの衝動を抱きました。台詞のように奏でられる旋律、旋律のように語られる台詞。かつて「オペラ」の新しい可能性を探求した先に「楽劇」があったように、「演奏」と「演劇」の挟間で新しい可能性を探求したい。その想いから生まれた新しい舞台芸術のカタチを私は「奏劇(そうげき)」と名付けました。どうぞ新しいクリエーションの息吹をご覧下さい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告