ニュース

國村隼×高田翔×長谷川京子 岩代太郎が贈る舞台『ライフ・コンチェルト』

左上から時計回りに岩代太郎、國村隼、長谷川京子、染谷俊之、大森博史、黒川智花、高田翔
左上から時計回りに岩代太郎、國村隼、長谷川京子、染谷俊之、大森博史、黒川智花、高田翔

舞台『奏劇「ライフ・コンチェルト」ある教誨師の物語~死刑執行までのカウントダウン』が、8月29日から東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演される。

『レッドクリフ』シリーズや『あゝ、荒野』などの映画音楽で知られる岩代太郎が企画、原作、音楽を手掛ける『奏劇「ライフ・コンチェルト」ある教誨師の物語~死刑執行までのカウントダウン』は、演劇劇場とクラシックホールの両方で上演を目指す作品。ベテラン教誨師の牧師・元村由紀夫、元村の後任の牧師・塩野智嗣が死刑囚の大島玲子、古戸健治らと向き合う姿を描く。

元村由紀夫役を演じるのは、原作のモデルでもある國村隼。共演者には塩野智嗣役の高田翔(ジャニーズJr.)、古戸健治役の大森博史、大島玲子役の長谷川京子、玲子の娘・瑠璃役の黒川智花、語りとして染谷俊之が名を連ねる。指揮は岩代太郎、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏団が担当。

チケットの一般販売は7月28日10:00からスタート。9月17日には東京・四ツ谷の紀尾井ホールでコンサートバージョンの公演が行なわれる。

岩代太郎のコメント

多くのサウンドトラックを手掛けながら、時には台詞よりも雄弁に語る音楽の有様を知り、新しい音楽の可能性を探求したいとの衝動を抱きました。台詞のように奏でられる旋律、旋律のように語られる台詞。かつて「オペラ」の新しい可能性を探求した先に「楽劇」があったように、「演奏」と「演劇」の挟間で新しい可能性を探求したい。その想いから生まれた新しい舞台芸術のカタチを私は「奏劇(そうげき)」と名付けました。どうぞ新しいクリエーションの息吹をご覧下さい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業