ニュース

糸奇はな、初フルアルバム『PRAY』詳細発表 『Undertale』作者も参加

糸奇はな
糸奇はな

8月7日にリリースされる糸奇はなの1stフルアルバム『PRAY』の詳細が明らかになった。

糸奇はなは滋賀出身のシンガーソングライター。京都市立芸術大学在学中に創作活動をスタートし、作詞、作曲、歌唱、楽器演奏、アレンジに加え、版画、動画、ゲーム制作など様々な技法による作品を手掛ける。2016年に初の自主制作CD『体内時計』を発表。昨年11月にアニメ『魔法使いの嫁』のエンディングーマを収録したシングル『環 -cycle-』でメジャーデビューを果たした。

『PRAY』は通常盤と、特製スリーブケースおよび糸奇が制作した特製立体ペーパーシアターが付属する初回限定盤の2形態でリリース。“環 -cycle-”をはじめ、ゲーム『Rule of Rose』のメインテーマ“A love suicide”のカバー、7月10日に先行配信される“きみでないのなら”、ゲーム『Undertale』の作者トビー・フォックスが書き下ろした“74”などを含む全12曲を収録している。なお、トビー・フォックスが自身以外のアーティストに楽曲を提供するのは今回が初となり、ゲストボーカルも務めた。

あわせて新たなアーティスト写真も公開。これまでアーティスト写真ではリアルな姿を見せることがなかった糸奇だが、今回は「目」をテーマに据え、アイメイクを施した自身の右目を写し出している。

さらに、2度目となるワンマンライブを9月10日に東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催することも発表。チケットの販売は7月10日から糸奇のオフィシャルサイトでスタートする。

糸奇はな『PRAY』収録内容

1. きみでないのなら
2. ROLE PLAY
3. 74
4. Pillowman
5. A love suicide
6. 環 -cycle-
7. 不眠症ロンリーガール
8. 忘却舞踏
9. 四角い世界
10. Wither
11. 体内時計
12. あこがれ

糸奇はな『PRAY』ジャケット
糸奇はな『PRAY』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている