ニュース

安室奈美恵の軌跡を辿る『namie amuro Final Space』展、全国4都市で開催

安室奈美恵の展覧会『namie amuro Final Space』が7月26日から東京・渋谷のヒカリエ 9階ヒカリエホールで開催。あわせて大阪、福岡、沖縄でも行なわれる。

9月16日をもって引退する安室奈美恵。『namie amuro Final Space』は安室奈美恵のデビューから25年の軌跡をたどる体感型の展示で、引退日の9月16日まで実施する。

東京会場『search for the memory of namie amuro』では、2009年リリースの楽曲“Dr.”をモチーフに、会場内を撮り下ろしの映像を中心に巡るアトラクション型の展示を実現。歌詞に登場する博士、Dr.クロノスから「安室奈美恵の記憶を集めよ」と指令を受けた謎の女性が、西暦3000年から現代の世界に送り込まれ、来場者と一緒に軌跡を辿っていくというコンセプトだ。会場では引退前最後となったツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』で使用されたビル群の実物セット、1996年以降のテレビ番組衣装、『NAMIE AMURO TOUR“GENIUS 2000”』からラストツアーまでのライブ衣装、“Hero”“Finally”などPVの衣装を展示。

大阪・ナレッジキャピタルで開催する『storage of namie amuro』では、開館期間を7月14日からの第1期と8月11日からの第2期に分類。安室奈美恵にまつわる「モノ」を集めたというコンセプトだ。会場では“Showtime”“Fashionista”をはじめとしたPVの衣装、『namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 ~20th Anniversary Best~』『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017』などのライブ衣装を公開。会場内の最後の部屋では「モーメント・ファクトリー」が制作したラストツアーのステージ映像と衣装で“CAN YOU CELEBRATE?”のライブ空間を再現する。

福岡・三越ギャラリーで開催する『storage of namie amuro』は8月12日から。大阪会場と同じく、安室奈美恵にまつわる「モノ」を集めて披露する。“SWEET 19 BLUES”“Mint”“Just You and I”をはじめとしたPVの衣装、『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』などのライブ衣装も展示。最後の部屋では「モーメント・ファクトリー」が制作したラストツアーのステージ映像と衣装で“Finally”が歌われたライブ空間を再現するという。

安室奈美恵の故郷である沖縄では、プラザハウスショッピングセンター3階を会場に据えて『homeland of namie amuro』を開催。昨年、沖縄・宜野湾で開催された25周年ライブ『namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA』の衣装、2012年に開催される予定だった沖縄での20周年ライブの幻の衣装、「モーメント・ファクトリー」が制作したステージ映像と衣装で“NEVER END”のライブ空間を再現した空間が公開される。さらにNHK『紅白歌合戦』の衣装も展示。

各会場の日時指定前売券は6月26日の10:00から発売される。

『namie amuro Final Space』メインビジュアル
『namie amuro Final Space』メインビジュアル
『namie amuro Final Space』イメージビジュアル
『namie amuro Final Space』イメージビジュアル
『namie amuro Final Space』イメージビジュアル
『namie amuro Final Space』イメージビジュアル
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー