ニュース

豊田利晃監督の新作記録映画『PLANETIST』に窪塚洋介ら 語りは小泉今日子

『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS

豊田利晃監督の新作ドキュメンタリー映画『PLANETIST』が2019年に公開される。

豊田監督が企画・監督・撮影を手掛け、2014年から制作を開始した『PLANETIST』は、豊田にとって2001年の『UNCHAIN アンチェイン』以来となるノンフィクション作品。小笠原諸島で暮らすサーファーたちのレジェンドであり、野生のイルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムを確立した宮川典継を軸に、島を訪れたミュージシャンや役者、アーティストたちが宮川の案内によって想像力を解き放ち、見たことのない島の姿が呼び出されていく様を映し出す。

出演者は宮川に加えてGOMA、窪塚洋介、渋川清彦、中村達也、ヤマジカズヒデ(dip)。ナレーションを小泉今日子が務める。音楽は大野由美子(Buffalo Daughter)、Cornelius、ヤマジカズヒデ、音楽監督はzAkが担当。上映時間は2時間46分となる。

豊田利晃監督の企画時のコメント

僕が島へのゲストを決めて、宮川典継が場所、時間、日にち、風、波、島の脈動の流れを読み、この島を祝福するような、祭宴を作り上げる。
その時、その場所でしか起こらない奇跡。それを、地球の流れを読み、成立させていく。その祭宴に参加する者は、地球との一体感を感じて、それぞれが、それぞれの想像力を刺激され、何かを見る。僕は、それを『怪獣』と例える。これが、このドキュメンタリーというには作為的な映画の運動だ。地球と遊ぶこと。そのドリーミングな一瞬を観客と共有したいと思う。素敵な時間であ
る。この一瞬のために人生があったのではないかと錯覚する。僕が死ぬ前に思い出す景色がこの映画に収められている。
このドキュメンタリーの終わりは時間だ。2018年。小笠原返還50周年。結末はわからない。ただ時間だけが迫っていく。これ以上はないと思える光景が最後に見えるだろう。そんな夢を僕は見ている。
南の島へ行くといつも戦争の記憶と出会う。その記憶は放置されたまま現在もそこにある。辺境の島は国家の姿が丸見えだ。小笠原諸島は国策で作り上げられたきた。明治から昭和初期にかかけて父島要塞と呼ばれた軍事島に変貌した。硫黄島の硫黄は火薬の燃料だ。硫黄の発掘とコカの栽培。第二次世界大戦の重要な拠点になった。
伊豆大島から15歳のときに硫黄島に渡ってきたのが、宮川典継のおじいさんだ。戦争の時代をくぐり抜け、世界自然遺産の平和な島への変貌。その記憶をひとつに、2018年の光景として、この映画のクライマックスになるだろう。それが、プラネティストとしての宮川の決意である。
宮川は小笠原で自然保護の仕事に従事している。島の生態系を守ること。それが仕事であり、彼の生き方である。世界的に見て、生態系が守られている場所は珍しい。小笠原が東洋のガラパゴスと呼ばれるように。生態系を守ることは地球を守ることである。

『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
『PLANETIST』 ©PLANETIST FILM PARTNERS
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場