小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子らが卵かけご飯を食べる『食べる女』特報

映画『食べる女』の特報とティザービジュアルが公開された。

年齢、職業、価値観の異なる8人の女たちの日常を通して、「食と性」のあり方を問う同作。「スローフード・スローセックス宣言」を掲げる筒井ともみの短編集『食べる女』『続・食べる女』を原作とし、映画版でも筒井自身が脚本を手掛ける。主人公・敦子役に小泉今日子がキャスティング。公開は9月21日。

特報では、敦子の「人ってね、おいしいゴハン食べてる時と、愛しいセックスしてる時が一番こう、暴力とか差別とか争い事から遠くなるんだって。でもほら、セックスの方はさ、相手がいないとできないけどゴハンならいつでもできるでしょ。だから、手抜きをするな、女たちよ!」というセリフにあわせて、小泉をはじめ、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香演じる女たちが卵かけご飯を食べるシーンが確認できる。

またティザービジュアルには「例えばセックスも味覚だと思う。」というキャッチコピーと共に女性の手から割れ落ちそうな生卵が写し出されている。特報とティザービジュアルは明日6月30日から順次劇場で公開、掲出される。

作品情報

『食べる女』

2018年9月21日(金)から公開
監督:生野慈朗 原作・脚本:筒井ともみ 出演: 小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香 ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO PANTA 真木蔵人 ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子らが卵かけご飯を食べる『食べる女』特報

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて