ニュース

橋本愛主演『ここは退屈迎えに来て』予告編公開 主題歌&劇伴はフジファブ

映画『ここは退屈迎えに来て』の予告編とポスタービジュアルが公開。あわせて主題歌と劇伴をフジファブリックが担当することが発表された。

10月19日から公開される同作は、山内マリコによる連作小説集が原作。上京して10年後に地元に戻り、フリーライターとして冴えない日々を送る27歳の「私」役を橋本愛、元彼「椎名」を忘れられないまま地元で暮らすフリーターの「あたし」役を門脇麦、高校時代に女子生徒の憧れの的だった「椎名くん」役を成田凌が演じるほか、渡辺大知(黒猫チェルシー)、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳らが共演者に名を連ねる。メガホンをとるのは廣木隆一。

予告編には、夢を諦めて地元に戻った「私」や、ホテルでタバコを吸う「あたし」の姿、椎名や渡辺大知演じる新保の高校時代の様子、高校時代の「私」が「何者かになりたい」と椎名に話すシーンなどが映し出されている。ポスタービジュアルでは「私」「あたし」「椎名くん」の姿に加えて、「青春の後にあるものは?」というキャッチコピーが確認できる。

あわせて発表された主題歌は、フジファブリックによる書き下ろしの新曲“Water Lily Flower”。劇伴も担当するフジファブリックはデビュー以来、初めて映画音楽の完全監修を手掛ける。

山内総一郎(フジファブリック)は「国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います」とのコメントを寄せている。

山内総一郎(フジファブリック)のコメント

国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。
一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。
劇場で観れる日が待ち遠しいです!

『ここは退屈迎えに来て』ポスタービジュアル ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
『ここは退屈迎えに来て』ポスタービジュアル ©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
フジファブリック
フジファブリック
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生