『機動戦士ガンダム』ハリウッドで実写映画化、レジェンダリーと共同製作

アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズがハリウッドで実写映画化されることがわかった。

これはアメリカ・ロサンゼルスで開催されているイベント『Anime Expo 2018』内で、現地時間の7月5日に発表されたもの。『機動戦士ガンダム』初の実写映画で、『パシフィック・リム』『ダークナイト』『GODZILLA ゴジラ』などを手掛けてきたアメリカのレジェンダリー・ピクチャーズと、サンライズの共同製作となる。

ストーリーなどの詳細は現時点では明らかになっていない。バンダイのオフィシャルYouTubeチャンネルでは、『Anime Expo 2018』での発表の様子などを映した映像が公開されている。

『機動戦士ガンダム』は1979年に日本でのテレビ放送がスタート。2019年に40周年を迎える。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『機動戦士ガンダム』ハリウッドで実写映画化、レジェンダリーと共同製作

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて