ニュース

山田愛奈×加藤綾佳監督『いつも月夜に米の飯』主題歌は吉澤嘉代子“雪”

『いつも月夜に米の飯』 ©2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会
『いつも月夜に米の飯』 ©2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

映画『いつも月夜に米の飯』の主題歌が吉澤嘉代子の楽曲“雪”に決定。あわせてティザービジュアルが公開された。

9月8日に全国公開される映画『いつも月夜に米の飯』は、7月14日から東京・新宿シネマカリテで開催される上映イベント『カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2018』で先行公開される。母親が突然失踪したことから、新潟の小料理屋で女将をやることになった女子高生の千代里が恋や仕事に奮闘する様を描く。千代里役を山田愛奈、千代里が惹かれる料理人・アサダ役を和田聰宏が演じる。監督は『おんなのこきらい』などの加藤綾佳。

主題歌に起用された“雪”は2015年にリリースされた吉澤のアルバム『箒星図鑑』の収録曲。吉澤は「私の中でも『雪』は大切な歌なので、もう一度あたらしい誰かに出会うきっかけをいただけて光栄です。料理を作ることも、食べることも、どちらも愛情表現なのだなと思いました」とコメントを寄せている。

今回の発表にあわせて公開されたティザービジュアルでは、居酒屋のカウンターで頬杖をつく山田愛奈の姿を確認できる。また同作の上映支援プロジェクトが、7月7日からクラウドファンディングプラットフォーム「Motion Gallery」でスタートする。

吉澤嘉代子のコメント

私の中でも「雪」は大切な歌なので、もう一度あたらしい誰かに出会うきっかけをいただけて光栄です。料理を作ることも、食べることも、どちらも愛情表現なのだなと思いました。劇中の御食事シーンがあまりにも美味しそうだったので、今、新潟に行きたくてたまりません。

 

『いつも月夜に米の飯』ポスタービジュアル ©2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会
『いつも月夜に米の飯』ポスタービジュアル ©2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会
吉澤嘉代子
吉澤嘉代子
『いつも月夜に米の飯』 ©2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会
『いつも月夜に米の飯』 ©2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く