ニュース

イサム・ノグチの回顧展『彫刻から身体・庭へ』 日本初公開作含む約80点

イサム・ノグチ『チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園』1961-64年 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Arthur Levine.
イサム・ノグチ『チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園』1961-64年 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Arthur Levine.

展覧会『イサム・ノグチ ―彫刻から身体・庭へ―』が、7月14日から東京・初台の東京オペラシティアートギャラリーで開催される。

詩人の野口米次郎とアメリカ人の母レオニー・ギルモアのもとに生まれ、今年に没後30年を迎えるアーティストのイサム・ノグチ。彫刻や舞台美術、家具、照明器具「あかり」のデザイン、陶芸、庭、ランドスケープデザインなど幅広い分野で活動した。

国内では約12年ぶりの回顧展となる同展は、「身体との対話」「日本との再会」「空間の彫刻─庭へ」「自然との交感─石の彫刻」の4章で構成され、作品約80点を紹介。日本初公開となる毛筆による初期作品『北京ドローイング』8点をはじめ、ダンサーのマーサ・グラハムのための舞台装置、光の彫刻「あかり」のデザイン、石の彫刻、日本で制作された陶作品に加えて、『チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園』といった庭園やランドスケープの模型、資料、動画、ノグチを捉えたアーカイブフォトを通じてその活動の全容に迫る。

初日の7月14日には和泉正敏、ショージ・サダオ、聞き手の新見隆によるトークイベント『コラボレーターが語るノグチの制作の現場と“未来への贈り物”』を実施。参加方法などの詳細は東京オペラシティアートギャラリーのオフィシャルサイトで確認しよう。

イサム・ノグチ『北京ドローイング(横たわる男)』1930年インク、紙イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)蔵 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Kevin Noble.
イサム・ノグチ『北京ドローイング(横たわる男)』1930年インク、紙イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)蔵 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Kevin Noble.
イサム・ノグチ『あかり』デザイン1953年~ 紙、竹、金属 香川県立ミュージアム蔵
イサム・ノグチ『あかり』デザイン1953年~ 紙、竹、金属 香川県立ミュージアム蔵
イサム・ノグチ『別嬪さん』1952年 陶(瀬戸)、麻 イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)蔵 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Kevin Noble.
イサム・ノグチ『別嬪さん』1952年 陶(瀬戸)、麻 イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)蔵 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Kevin Noble.
イサム・ノグチ『マーサ・グラハムの舞台「ヘロディアド」のための舞台装置』1944年 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Arnold Eagle.
イサム・ノグチ『マーサ・グラハムの舞台「ヘロディアド」のための舞台装置』1944年 ©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] - JASPAR. Photo by Arnold Eagle.
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー