ニュース

映画『ドラゴンボール超』にブロリーが登場 正式タイトル&ポスター発表

映画『ドラゴンボール超』の正式タイトルが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

劇場版アニメ『ドラゴンボール』の20作目となる同作。正式タイトルは『ドラゴンボール超 ブロリー』となる。ポスタービジュアルには悟空、ベジータに加えて、これまでも劇場版に登場してきた「伝説の超サイヤ人」ブロリーが描かれており、劇中にも登場することが明らかになった。

ブロリーは原作では描かれていないが、1993年の『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、1994年の『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』に登場。さらに1994年の『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』ではブロリーのクローンであるバイオブロリーが描かれていた。

『ドラゴンボール超 ブロリー』では、『ドラゴンボール超』の世界観で描かれたブロリーが悟空の前に立ちはだかるという。鳥山明によるコメント公開された。

7月20日からは全国劇場窓口で第1弾プレゼント付前売券の発売が開始。今回の特典は鳥山明自身がデザインした防寒服仕様の悟空とベジータの「超神チェンジストラップ」で、全国で合計5万個限定となる。

鳥山明のコメント

みなさん、ブロリーって知っていますか?

昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人で
デザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメには
ほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、
そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、
さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、
新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、
悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、
そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、
とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

あの最強のサイヤ人、ブロリー登場!
他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので
期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ポスタービジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ポスタービジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ロゴ ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ロゴ ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券発売告知ビジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券発売告知ビジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー