ニュース

映画『ドラゴンボール超』にブロリーが登場 正式タイトル&ポスター発表

映画『ドラゴンボール超』の正式タイトルが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

劇場版アニメ『ドラゴンボール』の20作目となる同作。正式タイトルは『ドラゴンボール超 ブロリー』となる。ポスタービジュアルには悟空、ベジータに加えて、これまでも劇場版に登場してきた「伝説の超サイヤ人」ブロリーが描かれており、劇中にも登場することが明らかになった。

ブロリーは原作では描かれていないが、1993年の『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、1994年の『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』に登場。さらに1994年の『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』ではブロリーのクローンであるバイオブロリーが描かれていた。

『ドラゴンボール超 ブロリー』では、『ドラゴンボール超』の世界観で描かれたブロリーが悟空の前に立ちはだかるという。鳥山明によるコメント公開された。

7月20日からは全国劇場窓口で第1弾プレゼント付前売券の発売が開始。今回の特典は鳥山明自身がデザインした防寒服仕様の悟空とベジータの「超神チェンジストラップ」で、全国で合計5万個限定となる。

鳥山明のコメント

みなさん、ブロリーって知っていますか?

昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人で
デザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメには
ほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました。

そのブロリーですが、いまだに日本だけでなく海外でも大人気だそうで、
そんなことから「今度の映画はブロリーにしませんか?」と担当さんから提案されました。

当時の映画を観させてもらって、アレンジ次第では、かなりおもしろくなりそうだと感じ、
さっそく『ドラゴンボール超』のシリーズに組み込んで話を作ってみました。

ブロリーファンをガッカリさせないように昔のイメージを意識しつつ、
新しい一面も加えてリニューアルし、より魅力的なブロリーになったと思っています。

もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、
悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、
そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、
とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています。

あの最強のサイヤ人、ブロリー登場!
他にもまだまだファンの皆さんが喜ぶ内容をいっぱい盛り込んでいますので
期待して、完成までもうしばらく待っててちょ!!

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ポスタービジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ポスタービジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ロゴ ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ロゴ ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券発売告知ビジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券発売告知ビジュアル ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』前売券第1弾特典「超神チェンジストラップ」 ©バードスタジオ/集英社 ©「2018ドラゴンボール超」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業