ニュース

大量消費社会を問う『Defacement』展にウォーホル、リヒターら12作家

展覧会『Defacement』が本日7月14日から東京・銀座 蔦屋書店のTHE CLUBで開催されている。

アメリカ・ニューヨークを拠点に活動するアマンダ・シュミットがキュレーターを務める同展。シュミットは『Untitled Art Fair』のプログラム開発ディレクター務めるほか、これまでに40以上の展覧会、映像上映、パフォーマンスシリーズなどを企画している。2017年には『TIME Magazine』の「Person of The Year」の1人に選出された。

『Defacement』では、1950年代後半から資本主義経済による大量消費社会に反抗した前衛グループ「Situationist International」のメンバーであったジャクリーン・デ・ヨングをはじめ、ルーカス・アジェミアン、アンディ・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、リチャード・オルドリッチ、マリア・アイヒホルン、ニコラス・グアニーニ、スーザン・ハウ、ブルック・スー、リー・レデア、RH・クエイトマン、ベティー・トンプキンズの12人の作品を20点以上展示。膨大な量の生産と消費が繰り返される現代社会において、破壊とは何を意味するのか、またそこから新たな価値はどのようにして見出されていくのかを再考する。

会期中7月15日には関連イベントを実施。アマンダ・シュミットによるトークやゴードン・マッタ=クラークの作品を含む7本のアートフィルムの上映を行なう。司会は山下有佳子が担当。詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認しよう。

ゲルハルト・リヒター『8.Juni 16 (2)』2016, oil on photograph, 16.8×12.5cm ©Gerhard Richter, courtesy WAKO WORKS OF ART
ゲルハルト・リヒター『8.Juni 16 (2)』2016, oil on photograph, 16.8×12.5cm ©Gerhard Richter, courtesy WAKO WORKS OF ART
Film still, Stan Brakhage, Reflections on Black, 1955
Film still, Stan Brakhage, Reflections on Black, 1955
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告