Queen結成の場面や楽曲誕生秘話も 『ボヘミアン・ラプソディ』予告編公開

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の予告編が公開された。

11月9日から公開される同作は、Queen最初期からのボーカリストで、1991年にHIV感染合併症のニューモシスチス肺炎によって死去したフレディ・マーキュリーの半生を描いた作品。マーキュリーがエンターテイナーとしての地位を確立する姿をバンド活動の裏側と共に映し出す。マーキュリー役をラミ・マレック、マーキュリーの恋人のメアリー・オースティン役をルーシー・ボイントン、ブライアン・メイ役をグウィリム・リー、ロジャー・テイラー役をベン・ハーディが演じる。

公開された予告編には、“We Are The Champions”“Bohemian Rhapsody”“We Will Rock You”などのQueenの楽曲を使用。「ボーカルが辞めたんだ」と肩を落とすメイとテイラーに「ここにいるよ」と答えるマーキュリーの姿や、Queenのステージを見たオースティンがマーキュリーに「あなたのステージ、みんな夢中よ」と語る様子、メイの「観客と歌える曲はどうだ?」という発案から“We Will Rock You”が誕生するシーン、84か国で生中継されたチャリティコンサート『LIVE AID』を再現した場面などが確認できる。

なお映画の音楽総指揮を務めるブライアン・メイとロジャー・テイラーは初期の編集バージョンを見て完成度に唖然としたという。またプロデューサーのグレアム・キングは、顔合わせの際にバンド側から「フレディ・マーキュリーの話にしたい」と強く訴えられたと明かしている。

あわせて初となる場面写真も公開。上半身裸でポーズをとるマーキュリーを中心に据えた、ライブのワンシーンが確認できる。

作品情報

『ボヘミアン・ラプソディ』

2018年11月9日(金)から全国公開
監督:ブライアン・シンガー 音楽総指揮:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー 出演: ラミ・マレック ジョセフ・マッゼロ ベン・ハーディ グウィリム・リー ルーシー・ボイントン マイク・マイヤーズ アレン・リーチ 配給:20世紀フォックス映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • Queen結成の場面や楽曲誕生秘話も 『ボヘミアン・ラプソディ』予告編公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて