ニュース

Queen結成の場面や楽曲誕生秘話も 『ボヘミアン・ラプソディ』予告編公開

『ボヘミアン・ラプソディ』 ©2018 Twentieth Century Fox
『ボヘミアン・ラプソディ』 ©2018 Twentieth Century Fox

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の予告編が公開された。

11月9日から公開される同作は、Queen最初期からのボーカリストで、1991年にHIV感染合併症のニューモシスチス肺炎によって死去したフレディ・マーキュリーの半生を描いた作品。マーキュリーがエンターテイナーとしての地位を確立する姿をバンド活動の裏側と共に映し出す。マーキュリー役をラミ・マレック、マーキュリーの恋人のメアリー・オースティン役をルーシー・ボイントン、ブライアン・メイ役をグウィリム・リー、ロジャー・テイラー役をベン・ハーディが演じる。

公開された予告編には、“We Are The Champions”“Bohemian Rhapsody”“We Will Rock You”などのQueenの楽曲を使用。「ボーカルが辞めたんだ」と肩を落とすメイとテイラーに「ここにいるよ」と答えるマーキュリーの姿や、Queenのステージを見たオースティンがマーキュリーに「あなたのステージ、みんな夢中よ」と語る様子、メイの「観客と歌える曲はどうだ?」という発案から“We Will Rock You”が誕生するシーン、84か国で生中継されたチャリティコンサート『LIVE AID』を再現した場面などが確認できる。

なお映画の音楽総指揮を務めるブライアン・メイとロジャー・テイラーは初期の編集バージョンを見て完成度に唖然としたという。またプロデューサーのグレアム・キングは、顔合わせの際にバンド側から「フレディ・マーキュリーの話にしたい」と強く訴えられたと明かしている。

あわせて初となる場面写真も公開。上半身裸でポーズをとるマーキュリーを中心に据えた、ライブのワンシーンが確認できる。

『ボヘミアン・ラプソディ』ポスタービジュアル ©2018 Twentieth Century Fox
『ボヘミアン・ラプソディ』ポスタービジュアル ©2018 Twentieth Century Fox
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで