ニュース

Pussy Riot創設メンバー、マリア・アリョーヒナの著書邦訳が10月刊行

Pussy Riotの創設メンバーの1人であるマリア・アリョーヒナの著書『プッシー・ライオットの革命 RIOT DAYS(仮)』が、10月5日に刊行される。

2011年に結成され、ロシア・モスクワを拠点に活動するするフェミニストパンクグループ・Pussy Riot。2012年にプーチン大統領の再選が有力視されていた大統領選への抗議活動として、モスクワの救世主キリスト大聖堂で目出し帽子をかぶって反プーチン政権の楽曲を演奏し、メンバーの3人が逮捕された。また今年のワールドカップ決勝戦の試合中に、警官に扮した4人のメンバーがピッチに乱入。あわせてロシアの政治犯の釈放や自由な政治競争などを求めるメッセージを公開した。

著者のマリア・アリョーヒナは1988年モスクワ生まれ。2012年の救世主キリスト大聖堂でのパフォーマンスで禁錮2年の判決を言い渡され、世界で最も厳しいシステムを擁するとも言われるウラル地方の刑務所へ送られた。2012年に『レノン・オノ平和賞』、2014年に『ハンナ・アーレント賞』を受賞。

『プッシー・ライオットの革命 RIOT DAYS(仮)』では、アリョーヒナ自身がグループの結成や、大聖堂でのパフォーマンス、逮捕と服役期間の真相について明かす。翻訳はzine『KAZAK』の編集・発行人aggiiiiiiiが手掛ける。

マリア・アリョーヒナ『プッシー・ライオットの革命 RIOT DAYS(仮)』原書表紙
マリア・アリョーヒナ『プッシー・ライオットの革命 RIOT DAYS(仮)』原書表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで