A・ホプキンス×C・ファレルが頭脳戦、映画『ブレイン・ゲーム』10月公開

映画『ブレイン・ゲーム』が10月6日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

アンソニー・ホプキンスが製作総指揮に名を連ねる同作は、共に予知能力を持つ医師と事件の容疑者の頭脳戦を描いたサイコスリラー。並外れた予知能力を持つ医師ジョン・クランシー博士は連続殺人事件の捜査に行き詰まったFBI捜査官から捜査協力の依頼を受けるが、容疑者が自分以上の能力を持っていることに気づくというあらすじだ。原題は『SOLACE』。

娘の死をきかっけに隠遁生活を送っていたクランシー博士役にアンソニー・ホプキンス、容疑者役にコリン・ファレル、クランシー博士に捜査協力を依頼するFBIの捜査官役として、ジェフリー・ディーン・モーガンとアビー・コーニッシュがキャスティング。監督は、同作がハリウッドデビュー作となるブラジル出身のアフォンソ・ポイアルチが務めた。脚本は、『ザ・コア』『マッチスティック・メン』などのプロデューサーであるショーン・ベイリーと『オーシャンズ11』『完全犯罪』のテッド・グリフィン、ポイアルチ監督が担当。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

作品情報

『ブレイン・ゲーム』

2018年10月6日(土)から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督・脚本:アフォンソ・ポイアルチ 脚本:アフォンソ・ポイアルチ、ショーン・ベイリー、テッド・グリフィン 音楽:ブライアン・トランソー 出演: アンソニー・ホプキンス ジェフリー・ディーン・モーガン アビー・コーニッシュ コリン・ファレル 上映時間:101分 配給:ポニーキャニオン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • A・ホプキンス×C・ファレルが頭脳戦、映画『ブレイン・ゲーム』10月公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて