ヘタレな中川大志に荒川良々が迫る 『覚悟はいいかそこの女子。』新写真

映画『覚悟はいいかそこの女子。』の新たな場面写真と本ポスタービジュアルが公開された。

椎葉ナナによる同名漫画を井口昇監督が実写化した『覚悟はいいかそこの女子。』は、幼い頃から女子に囲まれ、自分はモテると思い込んでいるが、実際は異性と付き合った経験のない主人公・斗和が、同級生から「お前は観賞用男子だ!」と指摘されたことをきっかけに美苑に告白し、彼女に認めてもらおうと奮闘する様を描いた作品。斗和役を中川大志、美苑役を唐田えりかが演じる。公開は10月12日。

場面写真では、斗和が荒川良々演じる借金取りに詰め寄られるシーンや、小池徹平演じる美術教師・柾木隆次が美苑の頭を「ポンポン」する場面に加えて、伊藤健太郎演じる新見律、甲斐翔真演じる澤田惟智也、若林時英演じる久瀬龍生ら斗和の親友の姿などが確認できる。小池は同シーンについて「悩んでしまった」とコメント。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、「オレって、カッコ悪い……?」というコピーと共に、バッグを抱える斗和や、美苑、柾木、律、惟智也、龍生の姿が写し出されている。ポスターは8月1日から全国の劇場で随時掲出される。さらに同日8月1日から全国で3千枚限定となる特典付き前売券を販売。特典はドラマ版のポスタービジュアルと、斗和のビジュアルを使用した2種類のポストカードとなっている。

作品情報

『覚悟はいいかそこの女子。』

2018年10月12日(金)から全国公開
監督:井口昇 脚本:李正姫 原作:椎葉ナナ『覚悟はいいかそこの女子。』(集英社) 主題歌:ナオト・インティライミ“ハイビスカス” 出演: 中川大志 唐田えりか 伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 小池徹平 ほか 配給:東映
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ヘタレな中川大志に荒川良々が迫る 『覚悟はいいかそこの女子。』新写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて