『ものかたりのまえとあと』展に青柳菜摘、三野新、村社祐太朗、清原惟

展覧会『Gallery SCOOL Vol.1 ものかたりのまえとあと』が8月2日から東京・三鷹のSCOOLで開催される。

SCOOLは吾妻橋ダンスクロッシングとHEADZが共同プロデュースするインディペンデントスペース。SCOOLの初の展覧会となる『ものかたりのまえとあと』展では、「物語」を「ものがたり」ではなく「ものかたり」とし、「モノ」「語り/騙り」という意味を付加させ、「もの/かたり」の「まえ」と「あと」にまつわる映像上映とインスタレーションを展示する。

参加作家は『第10回 恵比寿映像祭「インヴィジブル(見えないもの)」』などに参加した青柳菜摘、『第17回AAF戯曲賞』ファイナリストで『写真「1_WALL」』に2度入賞した三野新(ニカサン)、『3331千代田芸術祭2014』で中村茜賞を受賞した村社祐太朗(新聞家)、映画『わたしたちの家』で『ぴあフィルムフェスティバル2017』グランプリを受賞した清原惟。会場内ではそれぞれの短編映像とインスタレーションを展開するほか、4人が会期中一夜ずつイベントを実施。8月4日を青柳菜摘、5日を三野新、6日を村社祐太朗、7日を清原惟が担当する。

初日の8月2日にはオープニングパーティー、最終日の8月8日にはクロージングパーティーを行なう。詳細はSCOOLのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『Gallery SCOOL Vol.1 ものかたりのまえとあと』

2018年8月2日(木)~8月8日(水) 会場:東京都 三鷹 SCOOL
参加作家: 青柳菜摘 三野新 村社祐太朗 清原惟 料金:展示+上映1,000円 イベント+展示+上映2,500円
  • HOME
  • Art,Design
  • 『ものかたりのまえとあと』展に青柳菜摘、三野新、村社祐太朗、清原惟

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて