バニラビーンズが解散を発表 10月にラストライブ、11年の活動に幕

バニラビーンズが解散を発表した。

オフィシャルサイトの発表によると、今春に行なわれたデビュー10周年記念となる初のツアーの終了後にメンバーとスタッフで今後についての話し合いが行なわれ、解散という結論に至ったという。集大成として9月18日にラストシングルをリリースし、10月6日に東京・渋谷のduo MUSIC EXCHANGEでワンマンライブ、10月7日に東京・新宿のReNYで『T-Palette Records Presents バニラビーンズ感謝祭 ~Final Innocence~』を開催する。『T-Palette Records Presents バニラビーンズ感謝祭 ~Final Innocence~』にはアップアップガールズ(仮)、掟ポルシェ、callme、東京女子流、Negicco、吉田豪、lyrical schoolらが出演予定。

レナは「バニラビーンズが私の人生の全てになって毎日がすごく楽しくて、とても幸せな11年間でした!」、リサは「20代のすべてをバニラビーンズのリサとして生きられたことをとても誇りに思います」とコメント。今後についてレナは「レナ個人としてお仕事を続けていきますので、引き続き、お力添えをよろしくお願いいたします!」、リサは「これからの未来は、自分の足で新しい日々を歩んでいこうと思います」としている。2人のコメント全文はオフィシャルサイトで確認しよう。

2007年にシングル『U ♡ Me』でデビューしたバニラビーンズ。2008年にリサが加入し、レナとリサによる現在の編成になった。同年リリースした楽曲“ニコラ”は代表曲の1つとなった。2011年にはタワーレコードのアイドルレーベル「T-Palette Records」の第1弾シングルとして『天国への階段』を発表。2015年にavexから再メジャーデビューを果たした。2017年にはデビュー10周年を迎え、12月にベストアルバム『Vani Best II』をリリース。今年に初の全国ツアーを開催した。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

  • HOME
  • Music
  • バニラビーンズが解散を発表 10月にラストライブ、11年の活動に幕

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて