ニュース

台湾カルチャーフェス『TAIWAN PLUS』に約50ブランド集結、ライブも

『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』ビジュアル
『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』ビジュアル

入場無料のカルチャーイベント『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』が、9月22日、23日に東京・上野の上野恩賜公園で開催される。

国内外に向けて台湾文化を紹介している中華文化総会が手掛ける同イベントでは、マーケットと音楽イベントを同時開催。台湾に拠点を置く様々なクリエイターが集い、東京で台湾の文化やクリエイティブに触れることのできる機会となる。

マーケットには台北、台南、高雄などのブランド約50組が集結。『DFAアジアデザイン賞』を受賞したコミュニケーションイベント『晒日子』の屋外展示が予定されているほか、出展店舗には台北でセレクトショップ、カフェ、レストランを展開する「富錦樹FUJIN TREE」、セレクトショップの「地衣荒物Earthing Way」、靴下ブランド「+10・加拾」、台湾製のファッションブランド「蘑菇MOGU」、オリジナルプリント生地とライフスタイル雑貨のブランド「印花樂 inBlooom」が名を連ねる。また台北の鬍鬚張、嘉義の台灣魯肉飯、高雄の北海魚丸のルーロー飯を提供するキッチンカーも登場する。

音楽イベントは「台湾一周旅行」というコンセプトを据え、台湾全土から各地域を代表する6組のアーティストが出演。出演者全員が台湾の音楽賞『ゴールデン・メロディ・アワード』の受賞者となる。また日本からはCINRA.NETのブッキングによるアーティストが出演予定。現在までに明らかになっている出演アーティストは阿爆、黃連煜、女孩與機器人、桑布伊、謝銘祐、陳建年となる。

「地衣荒物Earthing Way」ビジュアル
「地衣荒物Earthing Way」ビジュアル
「+10・加拾」ビジュアル
「+10・加拾」ビジュアル
「富錦樹FUJIN TREE」ビジュアル
「富錦樹FUJIN TREE」ビジュアル
「印花樂 inBlooom」ビジュアル
「印花樂 inBlooom」ビジュアル
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る