ニュース

台湾カルチャーフェス『TAIWAN PLUS』に約50ブランド集結、ライブも

『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』ビジュアル
『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』ビジュアル

入場無料のカルチャーイベント『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』が、9月22日、23日に東京・上野の上野恩賜公園で開催される。

国内外に向けて台湾文化を紹介している中華文化総会が手掛ける同イベントでは、マーケットと音楽イベントを同時開催。台湾に拠点を置く様々なクリエイターが集い、東京で台湾の文化やクリエイティブに触れることのできる機会となる。

マーケットには台北、台南、高雄などのブランド約50組が集結。『DFAアジアデザイン賞』を受賞したコミュニケーションイベント『晒日子』の屋外展示が予定されているほか、出展店舗には台北でセレクトショップ、カフェ、レストランを展開する「富錦樹FUJIN TREE」、セレクトショップの「地衣荒物Earthing Way」、靴下ブランド「+10・加拾」、台湾製のファッションブランド「蘑菇MOGU」、オリジナルプリント生地とライフスタイル雑貨のブランド「印花樂 inBlooom」が名を連ねる。また台北の鬍鬚張、嘉義の台灣魯肉飯、高雄の北海魚丸のルーロー飯を提供するキッチンカーも登場する。

音楽イベントは「台湾一周旅行」というコンセプトを据え、台湾全土から各地域を代表する6組のアーティストが出演。出演者全員が台湾の音楽賞『ゴールデン・メロディ・アワード』の受賞者となる。また日本からはCINRA.NETのブッキングによるアーティストが出演予定。現在までに明らかになっている出演アーティストは阿爆、黃連煜、女孩與機器人、桑布伊、謝銘祐、陳建年となる。

「地衣荒物Earthing Way」ビジュアル
「地衣荒物Earthing Way」ビジュアル
「+10・加拾」ビジュアル
「+10・加拾」ビジュアル
「富錦樹FUJIN TREE」ビジュアル
「富錦樹FUJIN TREE」ビジュアル
「印花樂 inBlooom」ビジュアル
「印花樂 inBlooom」ビジュアル
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開