ニュース

鳥越裕貴が桃太郎の生まれ変わりに 舞台&映画『桃源郷ラビリンス』

日本のおとぎ話『桃太郎』を題材にした小説『桃源郷ラビリンス』が、本日8月7日に刊行。あわせて同作の舞台化と実写映画化が発表された。

岡山出身で在住している作家・岡山ヒロミが、「桃太郎が現代に転生したら」という妄想をもとに執筆した書籍をきっかけに、岡山県の協力を得てメディアミックスプロジェクトとして始動した『桃源郷ラビリンス』。小説は、面倒見が良く、「天然のトラブル引き寄せ体質」を持つ吉備桃太郎が店主を務める岡山の古民家カフェ「桃源郷」に、ある日不審な人物が現れる、というあらすじだ。

舞台版の上演は2019年春。演出・脚本を菅野臣太朗が務める。実写映画版の公開は2019年秋。監督・映像をヨリコジュンが務める。舞台と実写映画で桃太郎の生まれ変わりである主人公の吉備桃太郎役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『文豪ストレイドッグス』などの鳥越裕貴。

著者の岡山は「地元びいきで吉備津彦(桃太郎)と温羅の妄想を脳内で繰り広げていたところ、この度ご縁あってこのような形になりました。果報者です」とコメントしている。

岡山ヒロミ『桃源郷ラビリンス』(小学館)表紙
岡山ヒロミ『桃源郷ラビリンス』(小学館)表紙
『桃源郷ラビリンス』ビジュアル ©岡山ヒロミ / 桃源郷ラビリンス
『桃源郷ラビリンス』ビジュアル ©岡山ヒロミ / 桃源郷ラビリンス
鳥越裕貴
鳥越裕貴
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業