ゴジラとPepperがまさかの融合、「ゴジペッパー」日比谷シャンテに登場

ゴジラとPepperが融合した「ゴジペッパー」が、本日8月10日から東京・日比谷シャンテで展示される。

ゴジペッパーは近未来の消費体験を創造するプロジェクト『HIBIYA 2018』の一環で展示。Pepperの設置企画がもともとあったが、「せっかくだったら面白くしたい」という想いからソフトバンクロボティクスに相談したところ、ゴジラとPepperを融合させるというプロジェクトが始まったという。プロジェクトチームには日本マイクロソフト株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社、株式会社モメンタムジャパン、東宝株式会社の4社が参加。構想から完成まで約6か月を費やしたとのこと。ディテールにこだわったゴジラの背びれと尾がPepperの身体にフィットした、なんとも言えないミスマッチ感が見る人を笑顔にするという。

ゴジペッパーは日比谷シャンテ内のHMV&BOOKS 日比谷コテージ前の展示スペースに登場。日比谷シャンテ内で展開されているサービスを音声で紹介するという。展示は8月23日まで実施予定。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ゴジラとPepperがまさかの融合、「ゴジペッパー」日比谷シャンテに登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて