93年生まれのコラージュ作家・野島渓の個展『JAM』 200点超を展示販売

野島渓の展覧会『Kei Nojima solo exhibition「JAM」』が、明日8月16日から東京・表参道 ROCKETで開催される。

1993年生まれの野島渓は、東京造形大学大学院デザイン学科に在学中のアーティスト。コラージュ作品をメインに制作しており、2016年に『第15回グラフィック「1_WALL」』審査員奨励賞、昨年東京造形大学の『ZOKEI賞』を受賞した。

同展では、「交わることの無いはずのイメージ同士が、切り貼りされるという視覚的なズレにより生じる『リズム』と『音楽性』」をテーマに据えて制作された200点以上のコラージュ作品を展示。会期中は展示作品をはじめ、B1サイズのパネルやジーンズといった立体物にコラージュした作品、7インチアナログジャケットサイズのZINE、Tシャツなどを販売する。詳細は表参道 ROCKETのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『Kei Nojima solo exhibition「JAM」』

2018年8月16日(木)~8月22日(水) 会場:東京都 表参道 ROCKET 時間:11:00~21:00(8月16日は17:00から、8月19日は20:00まで、8月22日は18:00まで) 料金:無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 93年生まれのコラージュ作家・野島渓の個展『JAM』 200点超を展示販売

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて