斉藤和義が有村架純主演の映画『かぞくいろ』主題歌を書き下ろし

11月30日公開の映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の主題歌が斉藤和義“カラー”に決定した。

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』は地方のローカル線を舞台にした『RAILWAYS』シリーズの新作。突然夫を亡くし、9歳の連れ子・駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かった晶が、鉄道運転士の義父・節夫との共同生活を始め、亡き夫・修平の子供の頃の夢でもある鉄道の運転士の面接試験を受けることを決意するというあらすじだ。主人公・晶を有村架純、夫・修平を青木崇高、連れ子である駿也を歸山竜成、義父・節夫を國村隼が演じる。監督は吉田康弘が務めた。

主題歌“カラー”は、斉藤が映画の撮影現場となった鹿児島を訪れ、晶や節夫が劇中で運転する肥薩おれんじ鉄道に乗車するなどして、イメージを膨らませて書き下ろしたもの。映画のテーマである「再出発」と連動する曲になるという。

斉藤は「撮影された家、神社や学校。小さな駅や、雄大な海の横を走るたった1両の気動車。自分なりにこの家族の幸せな未来をイメージして書きました」とコメント。有村は「これからどこへ連れて行ってくれるんだろう。家に帰ると、どんな顔をして家族が待っていてくれるんだろう。そんな、楽しいとは少し違う、優しい期待や、優しい希望が生まれる歌だと思いました。色んな人の色んな感情を乗せて動いている鉄道に、まさにピッタリの曲です」と語っている。

斉藤和義のコメント

お話を頂いて、おれんじ鉄道に乗ってみたくて鹿児島へ行ってきました。
現地で吉田監督にもお会いできて、映画への熱い思いや、晶の裏設定など貴重な話を聞かせて頂きました。
撮影された家、神社や学校。
小さな駅や、雄大な海の横を走るたった1両の気動車。
自分なりにこの家族の幸せな未来をイメージして書きました。

有村架純のコメント

ローカル線の駅や、周りの風景が、鮮明に浮かび上がってきます。
これからどこへ連れて行ってくれるんだろう。家に帰ると、どんな顔をして家族が待っていてくれるんだろう。
そんな、楽しいとは少し違う、優しい期待や、優しい希望が生まれる歌だと思いました。
色んな人の色んな感情を乗せて動いている鉄道に、まさにピッタリの曲です。

國村隼のコメント

この曲を聴いたとき…モノトーンの画面に美しい海岸線を走るおれんじ鉄道の気動車が見えて来て、やがてそれが車窓の景色に変わり…雲に覆われていた空が割れて陽の光が溢れ出て来る。それから一つ一つの色が輝き出し眩しい光の中を気動車は走り去って行く…。
そんな情景がフワッと浮かんで、なんだか気持ちが暖かくなる曲でした。

吉田康弘監督のコメント

ロケ地である鹿児島で、登場人物と同じ目線に立ち、線路の写真や猫の写真を撮りながら、イメージを膨らませて頂いた斉藤さん。一両だけでゆったり走る肥薩おれんじ鉄道にも乗って頂き共有して下さった想いは、しっかりと主題歌に反映されていて、とても感動しました。映画のラストを力強く、そして温かく包み込んでくださる名曲です。
何より、斉藤さんらしい楽曲に仕上がったところが、学生時代からの一ファンとして、とても嬉しいのです。

作品情報

『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』

2018年11月30日(金)から全国公開
監督・脚本:吉田康弘 主題歌:斉藤和義“カラー” 出演: 有村架純 國村隼 桜庭ななみ 青木崇高 歸山竜成 筒井真理子 木下ほうか 板尾創路 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 斉藤和義が有村架純主演の映画『かぞくいろ』主題歌を書き下ろし

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて