土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

映画『累-かさね-』の場面写真が公開されている。

9月7日から全国東宝系で公開される同作は、松浦だるまの同名漫画が原作。主人公は伝説の女優の娘として天才的な演技力を持って生まれながら、自らの醜い容姿にコンプレックスを抱いて生きてきた淵累と、恵まれた美貌を持つが、女優として花開かずにいる舞台女優の丹沢ニナ。伝説の女優だった母の形見で、キスをした相手と顔が一定時間入れ替わる口紅を持つ累が、ニナと出会い、反発しながらも互いの目的のため口紅の力で入れ替わることを受け入れる、というあらすじだ。

主演を土屋太鳳と芳根京子が務め、「顔が入れ替わる」という設定から、累とニナを土屋と芳根がそれぞれ演じ分ける。

場面写真ではニナと累が唇を近づけるシーンや争い合う様子をはじめ、口紅の力を知るニナのマネージャーで、ニナと累を引き合わせる羽生田役の浅野忠信、大女優として知られた累の母・淵透世役の檀れいらの姿が確認できる。

作品情報

『累-かさね-』

2018年9月7日(金)から全国公開
監督:佐藤祐市 脚本:黒岩勉 原作:松浦だるま『累-かさね-』(講談社『イブニング』) 主題歌:Aimer“Black Bird” 出演: 土屋太鳳 芳根京子 横山裕 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀れい 浅野忠信 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて