ニュース

Stefanieの初ALが9月リリース、PV公開 岡村靖幸、中尾憲太郎らがコメント

Stefanie『Stefanie』配信ジャケット
Stefanie『Stefanie』配信ジャケット

Stefanieの1stアルバム『Stefanie』が、9月1日にリリースされる。

小貫早智子(HALIFANIE)のソロプロジェクトとなるStefanie。HALIFANIEは小貫と張替智広との制作ユニットで、YUKI、JUJUらにも楽曲提供している。Stefanie名義では、2008年にイギリス・マンチェスターのレーベルBabyBoom Recordsからリリースされたコンピレーションアルバムに参加した。

初のアルバムとなるセルフタイトル作品には全7曲を収録。全曲の作詞作曲を小貫自身が手掛けている。アナログ盤と配信の2形態でリリースされ、アナログ盤にはボーナストラック付きのダウンロードコードが付属。アルバム収録曲“pointer”のPVが本日8月19日に公開された。

レコーディングには二木大介(Gt)、さかきばらありさ(Ba / The cold tommy)、千田大介(Ba)、横倉和夫(Ba)、中尾憲太郎(Ba)、Ryuchi(Pf)、Quinka,with a Yawn(Pf)、山田杏奈(Syn)、秋山タカヒコ(Dr / downy)、張替智広(Dr / キンモクセイ、HALIFANIE)、中村浩(Sax)が参加。ミックスは山田杏奈、マスタリングは益子樹が担当している。Stefanieのオフィシャルサイトでは岡村靖幸、中尾憲太郎、三島想平(cinema staff、peelingwards)、秋山タカヒコ(downy)による応援コメントを掲載しており、今後も順次追加される予定。

岡村靖幸のコメント

いい声ですね。清涼感があり気持ちいいです。また、何かあったらお願いしますね。

中尾憲太郎のコメント

おー!ひっさしぶりー!
それ録音したのいつだっけ?笑
もうそーとー昔だよね!なんか久しぶりに着たジャケットからお金出てきた気分!
ありがとう!たのしみー!

三島想平(cinema staff、peelingwards)のコメント

オルタナティヴかくあれと言わんばかりの演奏と、それに相反する、穏やかな人柄と変わらない柔らかさを持ち、光の加減で少しずつ表情を変えていくようなオリジナルな透明感を持つ美しい歌声。新しい扉を開いて貰いました。いつまでも尊敬し、愛しています。

秋山タカヒコ(downy)のコメント

圧縮された4つ打ちビートやラップミュージックがメインストリームにけたたましく鳴り響きメロディが枯渇してしまったかのような今のミュージックシーンの中で、Stefanieの音楽は華やかで軽やかなイメージとは裏腹に60年代から90年代にかけて存在したポップス黄金時代の精神を受け継ぐという意味において実に骨太に、且つしなやかに仁王立ちするのです。
『架空の国の架空の時代のポップス名盤』が、10年寝かせて熟成するどころか瑞々しさが増し、リアルに鳴り響く。No More Fantasyなのだ。

Stefanie『Stefanie』収録内容

1. tonight
2. no more fantasy
3. Alright
4. lonely man
5. my prince
6. Caroline
7. pointer
※アナログ盤ダウンロードコードにはボーナストラック“my fashion your fashion”収録

Stefanie『Stefanie』アナログ盤ジャケット
Stefanie『Stefanie』アナログ盤ジャケット
Stefanie 撮影:みてぃふぉ
Stefanie 撮影:みてぃふぉ
Stefanie 撮影:みてぃふぉ
Stefanie 撮影:みてぃふぉ
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察