太賀×吉田羊 壮絶な母子の物語『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告編

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の予告編が公開された。

11月16日から公開される同作は、ブロガー、漫画家、小説家として活動する歌川たいじが自身の母親との関係を綴った同名コミックエッセイの実写映画版。映画では社会人のタイジが友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年間も関係を絶っていた母・光子と向き合い、母の愛を取り戻そうとする様を描く。主人公のタイジ役に太賀、光子役に吉田羊がキャスティング。

ゴスペラーズが歌う主題歌“Seven Seas Journey”を使用した予告編には、光子が「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶシーンや、光子に拒絶され続けるタイジが「負けてたまるか」と母への想いを新たにする場面、タイジが光子を背負いながら「母さん、僕がいるから!」と叫びながら走る様子、光子とタイジが顔を合わせ涙を流す姿に加えて、木野花演じる「婆ちゃん」、森崎ウィン演じるキミツ、白石隼也演じる大将、秋月三佳演じるカナらタイジを支える人の姿が映し出されている。あわせて本ビジュアルが公開。

作品情報

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

2018年11月16日(金)から新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国で公開
監督:御法川修 脚本:大谷洋介 原作:歌川たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA) 主題歌:ゴスペラーズ“Seven Seas Journey” 出演: 太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花 配給:REGENTS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 太賀×吉田羊 壮絶な母子の物語『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて