吉岡徳仁『ガラスの茶室―光庵』佐賀県立美術館で展示、来年に東京巡回予定

展覧会『吉岡徳仁 ガラスの茶室―光庵』が11月28日から佐賀・佐賀県立美術館で開催される。

1967年に佐賀で生まれたデザイナーの吉岡徳仁。デザインや建築、現代美術の領域で、人間の感覚を光、音、香りなどの非物質的な要素で表現した作品を発表している。

同展では、透明なガラスで構築された茶室『ガラスの茶室―光庵』を、白い空間の中で光のインスタレーションとして発表すると共に、フランス・パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ『Water Block』や、ガラスのテーブル『Waterfall』を展示。『ガラスの茶室―光庵』は、2011年に『第54回ヴェネチア・ビエンナーレ』でデザインが発表され、2015年に京都・将軍塚青龍殿で初披露された。九州での展示は今回が初。

なお同展は、佐賀会場終了後は東京での開催を予定している。

イベント情報

『吉岡徳仁 ガラスの茶室―光庵』

2018年11月28日(水)~2019年2月11日(月・祝)
会場:佐賀県 佐賀県立美術館 2、3、4号展示室 時間:9:30~18:00 休館日:12月29日~12月31日、1月21日、1月28日、2月4日 料金:大人・大学生1,300円 ※高校生以下は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 吉岡徳仁『ガラスの茶室―光庵』佐賀県立美術館で展示、来年に東京巡回予定

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて