ニュース

認知症の母、耳の遠い父との1200日『ぼけますから、よろしくお願いします。』

『ぼけますから、よろしくお願いします。』 ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
『ぼけますから、よろしくお願いします。』 ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会

ドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』が11月3日から東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。

『ザ・ノンフィクション おっぱいと東京タワー~私の乳がん日記』で『ニューヨーク・フェスティバル2011』銀賞、『第47回ギャラクシー賞』奨励賞を受賞したテレビディレクターの信友直子が監督・撮影・ナレーションを務めた同作。広島・呉を舞台に、認知症に苦悩する87歳の母と、初めての家事に挑む耳の遠い95歳の父、2人の生活をカメラに収めながらも実家に帰る決心がつかない娘の「私」こと信友の約1200日の生活を映し出している。

信友にとって劇場公開映画初監督作品となる同作は、昨年10月にBSフジで放送された『ぼけますからよろしくお願いします。~私が撮った母の認知症1200日~』に追加取材・再編集を加えて、ドキュメンタリー映画として再構成したもの。プロデューサーを濱潤と映画『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』『園子温という生きもの』の監督を務めた大島新が担当した。テレビ版に惚れ込んだ大島は、自らプロデュースや製作・配給を担い、映画化を実現させたという。

映画の予告編には、散乱した洗濯物の上に横たわる母の姿や、両手に買い物袋を持った父が立ち止まる様子、「みんなが怒ってた!」と主張する母に信友が「怒ってないよ」と語りかける場面、布団の中から伸ばされた母の手を父が握りしめるシーンなどが映し出されている。また場面写真では、信友と両親のスリーショットなどが確認できる。

『ぼけますから、よろしくお願いします。』 ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
『ぼけますから、よろしくお願いします。』 ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
『ぼけますから、よろしくお願いします。』 ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
『ぼけますから、よろしくお願いします。』 ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
『ぼけますから、よろしくお願いします。』チラシビジュアル ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
『ぼけますから、よろしくお願いします。』チラシビジュアル ©「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー