北川景子と田中圭が見つめ合う 『スマホを落としただけなのに』場面写真

映画『スマホを落としただけなのに』の場面写真が公開された。

場面写真では、北川景子演じる主人公の麻美が携帯電話を手にする様子や、田中圭演じる恋人の富田とベッドの上に腰掛けて見つめ合うシーン、千葉雄大演じる刑事・加賀谷役が銃を構える姿、成田凌演じるSEの浦野が麻美と富田の前でパソコンに向かう様などが写し出されている。

11月2日から全国で公開される『スマホを落としただけなのに』は、志駕晃の同名小説が原作。派遣社員の麻美が、恋人・富田がスマートフォンを落としたことをきっかけに個人情報を狙われ、やがて大事件に巻き込まれていく様を描く。監督は『リング』の中田秀夫、脚本は『デスノート the Last name』などの大石哲也。

作品情報

『スマホを落としただけなのに』

2018年11月2日(金)から全国公開
監督:中田秀夫 脚本:大石哲也 原作:志駕晃『スマホを落としただけなのに』(宝島社) 主題歌:ポルカドットスティングレイ“ヒミツ” 出演: 北川景子 千葉雄大 バカリズム 要潤 高橋メアリージュン 酒井健太 筧美和子 原田泰造 成田凌 田中圭 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 北川景子と田中圭が見つめ合う 『スマホを落としただけなのに』場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて