ダメ父・草彅剛の姿も 西加奈子原作×14歳の山崎光主演『まく子』場面写真

映画『まく子』の第1弾チラシビジュアルと場面写真が公開された。

2019年3月から公開される同作は、西加奈子の小説『まく子』が原作。小さな温泉街に住む小学5年生の少年・慧が、不思議な魅力を持つ転入生の美少女・コズエと出会い、彼女に秘められた秘密を知ることで、今まで見てきた世界が塗り替えられ、少しだけ大人へと近づいていく様が描かれる。慧役に14歳の山崎光、コズエ役に13歳の新音、女好きな慧の父・光一役に草彅剛、慧を温かく見守る母・明美役に須藤理彩がキャスティング。監督、脚本は鶴岡慧子が手掛ける。

公開されたチラシビジュアルには、原作の表紙になっている、西加奈子が描いた猿のイラストを使用。原作の装丁を手掛けた鈴木成一と西は、当初コズエを正面から描いた絵を表紙に使用する予定だったが、「どうしても猿の絵が描きたくなった」との西の申し出を受け、完成した猿の絵を見た鈴木が「すごくいいね。これでいきましょう」と話したことから現在の表紙が生まれたという。

場面写真には慧、光一、明美の一家3人とコズエの姿や、コズエの不思議な魅力に慧が戸惑いを見せるシーン、慧と光一が食卓で向かい合う場面などが確認できる。

作品情報

『まく子』

2019年3月からテアトル新宿ほか全国公開
監督・脚本:鶴岡慧子 原作:西加奈子『まく子』(福音館書店) 出演: 山崎光 新音 草彅剛 須藤理彩 配給:日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ダメ父・草彅剛の姿も 西加奈子原作×14歳の山崎光主演『まく子』場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて