ニュース

『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

『フェルメール展』が10月5日から東京・上野の森美術館で開催される。

オランダの画家ヨハネス・フェルメール。寡作で知られ、現存する作品は35点とも言われている。国内外で高い人気を誇り、2008年に東京・上野の東京都美術館で開かれた『フェルメール展』は93万人の来場者を記録した。

今回の展覧会では、『ワイングラス』『赤い帽子の娘』『取り持ち女』といった日本初公開作をはじめ、『牛乳を注ぐ女』『手紙を書く女』『真珠の首飾りの女』など9点が欧米の美術館から来日。フェルメール作品は全て「フェルメール・ルーム」と名付けられた1つの部屋に飾られる。会期中は展示替えが行なわれ、『赤い帽子の娘』は10月15日から12月20日、『取り持ち女』は1月9日から2月3日までの展示となる。

さらにハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらオランダの同時代の作家の絵画も展示。約50点の作品を通して17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介する。

入場は混雑が予想されるため、日時指定入場制を導入。チケットは現在販売中だ。また来場者全員に音声ガイドを無料で提供する。音声ガイドのナレーションは、展覧会ナビゲーターの石原さとみが担当している。

なお『フェルメール展』は2019年2月6日から大阪・大阪市立美術館でも開催。大阪会場では、『取り持ち女』を含むフェルメール作品6点が展示される。大阪会場は日時指定入場制ではない。

『フェルメール展』ビジュアル
『フェルメール展』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今